認定看護師対象特定行為研修修了式を行いました

 令和3年12月23日(木)、令和3年度認定看護師対象特定行為研修の修了式を挙行しました。
 本研修は、医師の判断を待たずに手順書により一定の診断の補助(特定行為)を行う看護師を養成するものであり、本年度は8名の認定看護師が特定行為を行う場合に必要な高度かつ専門的な知識や技能等について学び、修了しました。
 始めに、加登田惠子学長から、修了生一人ひとりに「特定行為研修修了証」が授与され、「通常の業務に従事しながらの修学努力に敬意を表したい。特にコロナ禍で大変な状況の中、感染管理という人々の命に直結した最後の砦、現場に戻られて地域のリーダーとして活躍してほしい。」と式辞がありました。



 修了生謝辞では、「長時間におよぶeラーニングの受講は、コロナ禍での感染管理認定看護師として活動が増える中、周囲の協力を得ながらの学びとなった。集中講義では何度もみんなと確認しあい技術を磨いた。臨地実習では指導者から多くのことを学び、特定行為を担うための手順書内容について考えることができた。
 これから自施設に戻って、特定行為修了者として専門的知識を駆使し、良質な治療につなげて、患者や地域の人々のために貢献していきたい。」と受講の感想や今後の抱負が述べられました。


 閉会にあたり、家入裕子看護研修センター長から、研修の振り返りとともに「今後の感染管理認定看護師の可能性を広げられた。修了したこれからがスタートなので、活動を広げていってほしい。」とエールの言葉が送られました。



修了生のこれからの活躍が期待されます。

2022.01.11

性教育「今よりもっと自分を大切に」

 「助産診断・技術学演習Ⅱ」「地域母子保健実習」の授業の一環で、別科助産専攻の学生が本学の学生を対象に、生理のことや自分を大切にする恋愛(デートDV)、婦人科受診についてなど、「性教育『今よりもっと自分を大切に』」というテーマに基づいて、健康教育を実施しました。

 参加者は11名で、オンラインでの開催でしたがパワーポイントによる講義だけでなくグループワーク、クイズなど、双方向の展開があり参加者にとっても満足度の高いものになりました。





2021.12.28

教育実習報告会について

 社会福祉学部では、社会福祉士養成科目を履修した後に、希望する学生は教職課程科目を履修することで高等学校教諭一種(福祉)、特別支援学校教諭一種の免許が取得できます。
 今年度も、高等学校教諭一種免許状(8名)、特別支援学校教諭一種免許状(8名)の取得にむけて教育実習が行われました。
 12月8日(水)には、教育実習報告会が開催され、実習を振り返り、教育現場で学んだことなどを教員や仲間たちと共有し合う貴重な時間となりました。



2021.12.28

2021年度演習論文発表会について

 12月21日(火)に2021年度演習論文発表会が行われました。今年度はグループに分かれて、4年生は対面参加、3年生は遠隔での参加で開催しました。卒業研究として取り組んできた研究成果をまとめたものを自分自身の言葉でしっかりと報告することができました。
 発表の前は緊張した表情で発表を待つ学生の姿がみられましたが、発表後は緊張から解放され、達成感のある表情や笑顔が多く見られました。4年生の皆さんお疲れさまでした。



2021.12.24

2021年度版 学生自治会・サークル連合会活動年誌「有隣」の表彰式を開催しました

 12月21日(火)、2021年度版学生自治会・サークル連合会活動年誌「有隣」の表彰式を開催しました。
 学生自治会・サークル連合会活動年誌「有隣」は、各サークルの1年間の活動をまとめた冊子です。新入生、在学生、受験生などに配られます。
(2020年度版「有隣」は こちらから閲覧できます)

 毎年、表紙のデザインは学生から公募します。今年度は、3作品の応募があり、投票の結果、最優秀賞1名、佳作2名が選ばれました。


採用作品

表彰式では、賞状と、副賞の図書カードが渡されました。


 完成した「有隣」は、来年度4月から配布予定です。お楽しみに!