カリキュラム


関連ワードで検索する

カリキュラムの特色

1年次

 地域共生社会における多様な福祉ニーズを知り、人々の生活課題の解決に向けて人や環境に働きかけるためのソーシャルワークの基盤を学びます。社会福祉の専門分野を学修し、社会福祉学の基幹となる価値、知識、技能を習得します。

2年次

 自己の成長を図るとともに、地域の未来を拓くことのできる創造的な実践的資質を身につけます。これを達成するために、講義やグループ学習による学びとともに、地域との交流や実際の現場を題材とした事例研究を行い、社会福祉に関する現状と課題の理解を深めます。

3年次

 地域の多様な福祉課題を広い視野から把握し理解するとともに、社会福祉現場での実習を通して解決策を構想・実践するための力を身につけます。実習で知識や技能の理解を深め、ソーシャルワークを体験的に修得します。また、各自の関心にしたがってゼミを選択します。

4年次

 福祉課題を設定し、演習論文としてまとめます。また、ゼミを通して、国家試験に向けた学習や就職に向けたキャリア教育も行います。4年間の学習を振り返り、福祉マインドを基盤とした地域共創力を発揮させ、共に生きることができる社会を実践するために、人々と協働し、主体的に考えて行動できる実践力と倫理観を身につけます。

基礎・教養教育

「教養・教養教育」では全学部・学科の学生が共通して学びます。
授業を通して、人間性の基盤となる教養や自律的に学修するための方法・技法などを身につけます。

専門教育

授業科目(一例)

科目区分 授業科目名
専門基礎科目 社会学と社会システム、精神医学Ⅰ・Ⅱ、社会福祉学原論、社会福祉調査、精神保健Ⅰ・Ⅱ、行政法、民法Ⅱ、福祉統計心理学と心理的支援、臨床心理学Ⅰ・Ⅱ、発達心理学Ⅰ・Ⅱ、民法Ⅰ、医学一般
基幹科目 福祉文化論、ソーシャルワークの基盤と専門職Ⅰ・Ⅱ、社会保障論Ⅰ・Ⅱ、社会福祉原論Ⅱ、社会福祉原論Ⅰ、人間論
展開科目 ≪福祉理論≫
ソーシャルワークの理論と方法Ⅰ~Ⅳ、介護福祉論、ソーシャルワークの理論と方法Ⅴ・Ⅵ、精神保健福祉の原理Ⅰ・Ⅱ、社会福祉運営管理論、健康福祉論、国際福祉論、公的扶助論、社会福祉発達史、福祉ボランティア論
≪福祉分野≫
児童・家庭福祉論、高齢者福祉論、障害福祉論、医療福祉論、地域福祉論、コミュニティソーシャルワーク論、精神保健福祉制度論、精神障害リハビリテーション論、家族福祉論、司法福祉論
≪福祉援助技術≫
ソーシャルワーク演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、ソーシャルワーク演習Ⅳ・Ⅴ、ソーシャルワーク演習Ⅵ、ソーシャルワーク実習Ⅰ、ソーシャルワーク実習Ⅱ・Ⅲ、ソーシャルワーク実習Ⅳ、ソーシャルワーク実習指導Ⅰ、ソーシャルワーク実習指導Ⅱ~Ⅴ、ソーシャルワーク実習指導Ⅵ、ヒューマンケアチームアプローチ演習、精神保健福祉総合演習、カウンセリング
≪演習≫
基礎演習、専門演習Ⅰ・Ⅱ、専門演習Ⅲ・Ⅳ、社会福祉研究Ⅰ・Ⅱ、社会福祉研究Ⅲ・Ⅳ
関連科目 コミュニケーション技法Ⅰ(視覚障害)、コミュニケーション技法(聴覚障害)、権利擁護論、障害者教育総論、障害児の心理Ⅰ(知的障害)、障害者の心理Ⅱ(肢体不自由)、障害者の心理Ⅰ(知的障害)、障害者の心理Ⅱ(病弱)、病弱者の生理・病理、障害者の生理・病理Ⅰ(知的障害)、障害者の生理・病理Ⅱ(肢体不自由)、障害者とセラピューティックレクリエーション、発達障害論、障害者教育福祉論、特別支援教育実習、特別支援教育実習事前事後指導、介護技術、障害児教育支援法、死生学、居住環境論、社会老年学、福祉社会学、病弱教育、発達障害支援論
実務経験のある教員等による授業科目の一覧表