カリキュラム


関連ワードで検索する

 入学後の前期に、まず大学での学び方を知る「キャンパスライフ入門」を履修します。全学の3学部5学科全員で学ぶ内容と、国際文化学科生のみで学ぶ内容からなり、学科での4年間の学びの見通しを立てたり、実際に主体的な授業の受け方やノートの取り方、文献検索の仕方やレポートの書き方などについて学んだりすることができます。また、1年次に「日本文化論」「異文化交流論」「国際関係論」「生活文化論」という4つの学部基幹科目を履修し、基礎的な知識を獲得します。その他、情報やコンピュータリタラシー、外国語などの基盤科目、社会学や経済学などの科学基礎科目、コミュニケーション論や地域共生論、ボランティアやインターンシップなどの統合科学科目などからなる全学教育を履修します。
 全学教育については、以下の「基礎・教養教育」をご覧ください。

コース制
 1年次の終わりに希望を取り、2年次から英語コースと国際文化コースに分かれます。履修モデルが異なり、卒業に必要な科目も異なってくるので、1年次に詳しく説明しています。選択は学生の希望によりますが、英語コースでは高い語学力が求められるので、1年次での語学力向上が求められます。また、国際文化コースでは、主に選択する言語について英語・中国語・韓国語の中から一つ選択します。詳しくは以下の履修モデルを参考にしてください。

カリキュラムの特色

1年次

 学部基幹科目では、自文化や足元の地域社会や暮らしについて学ぶ科目や、異文化や国際関係について学ぶ科目などで主体的な学びの姿勢を養います。また、「アドバンス英語」を履修して英語力を高めたり、初修外国語(中国語か韓国語)の学びを開始したりします。大学の様々な施設設備(ALS:アクティブ・ラーニング・スタジオやALL:アクティブ・ランゲージ・ラボ、コンピュータールームなど)の使い方にも慣れましょう。

2年次

 「国際コミュニケーション論」や「欧米文化論」「アジア文化論」をはじめとする学科基幹科目や、「国際経済論」「フィールドワーク実践論」「NGO/NPO論」などの学科基礎科目を通して、グローバルな社会で必要な知識やスキル、態度などについて学びます。語学は「実践英語」「実践中国語」「実践韓国語」の中から、自分の選択する言語を選んで深く学んでいきます。また、「Japanese Modern Culture」「Politics of Japan」「Global Issues」などをはじめとする英語で開講する科目を受け、英語で行う授業に慣れましょう。多様な地域プログラムからなる「地域実習」では、地域の受け入れ団体とともに学びを深めます。

3年次

 2年次で全員必修として受講した基礎演習は、3年次では研究室に分かれたゼミ(専門演習)へと移行します。専門科目の内容は高度化し、語学科目も高レベルなものに移っていきます。1-2年次に参加した短期留学(語学文化研修など)をふまえ、この時期に長期留学(交換留学など)に出る人も増えてきます。演習科目や展開科目では、地域や海外での実地体験をすることもあります。また、日本語教育では実習を行います。

4年次

 これまでの学びを総合して、4年次のゼミ(卒業演習)では卒業研究に取り組みます。卒業研究は卒業論文・卒業報告・卒業制作の中から選択し、4~5月に研究テーマ・研究計画を提出、7月の中間発表会を経て、12月に提出、1月末に最終発表会となります。英語教員を目指す人は教育実習があり、日本語教員を目指す人は卒業を延ばして1年間のTA(ティーチングアシスタント)に出る人もいます。

基礎・教養教育

 基礎・教養教育は全学部・学科の学生が共通して学ぶ教育で、コミュニケーションや情報技術の運用能力、人間性の基盤となる教養、諸科学を学び、自律的に学修するための方法・技法などを身につける場です。

専門教育

授業科目(一例)

科目区分 授業科目名
学部基幹科目 異文化交流論、国際関係論、日本文化論、生活文化論
学科基幹科目 国際コミュニケーション論、アジア文化論、欧米文化論、文化人類学
学科基礎科目 Yamaguchi and the World、Japanese Modern Culture、Global Issues、Introduction to Buddhism、Politics of Japan、Japanese Modern Society、アジア社会論、欧米社会論、比較政治論、国際経済論、組織運営論、NGO・NPO論、フィールドワーク実践論、地域実習Ⅰ
実践英語Ⅰ・Ⅱ、アカデミック英語Ⅰ・Ⅱ、実践中国語Ⅰ・Ⅱ、中国語講読Ⅰ・Ⅱ、 実践韓国語Ⅰ・Ⅱ、総合韓国語Ⅰ、韓国語表現
展開科目 実践英語Ⅲ・Ⅳ、アカデミック英語Ⅲ・Ⅳ、ディベイトⅠ・Ⅱ、実践中国語Ⅲ・Ⅳ、時事中国語Ⅰ・Ⅱ、中国語作文、プレゼンテーション中国語
実践韓国語Ⅲ・Ⅳ、総合韓国語Ⅱ、時事韓国語、グローバル語学研修、グローバルネットワーク論
中国社会・文化論、韓国社会・文化論、アジア外交史、欧米外交史、国際協力論、メディア文化論、英米文学、英米文学史、中国文学、中国文学史、プレゼンテーション韓国語、地域実習Ⅱ、グローバルプロジェクト、Cross-cultural Awareness、Media and Communication in Japan、Japanese Economy and Globalization、Teaching English as a Foreign Language、インターカルチュラル・スタディーズ(英語)、インターカルチュラル・スタディーズ(中国語)、インターカルチュラル・スタディーズ(韓国語)
グローバル研修Ⅰ~Ⅳ
演習科目 基礎演習Ⅰ・Ⅱ、専門演習Ⅰ・Ⅱ、卒業演習Ⅰ・Ⅱ
関連科目 世界の歴史、言語学概論、英語学概論Ⅰ・Ⅱ、英語史、英語音声学、第二言語習得論、社会言語学
イギリス文学講読Ⅰ・Ⅱ、アメリカ文学講読Ⅰ・Ⅱ
実務経験のある教員等による授業科目の一覧表
カリキュラムマップ
カリキュラムモデル
履修モデル

ベストプロジェクト賞

国際文化学科のユニークな特徴として、毎年、卒業論文・報告・制作の優秀な成果にベストプロジェクト賞を選定し、卒業式で表彰しています。
過去のベストプロジェクト賞