桜圃会賞


関連ワードで検索する

趣旨

 山口県立大学同窓会桜圃会は昭和18年の設立以来、会員相互の親睦を図り、各自の教養を高め、母校の事業を支援し、併せて社会の進展と文化の向上に寄与することを目的に事業を展開してきました。このたび、21世紀の初頭にあたり母校が創立60周年を迎えたことを記念して山口県立大学同窓会『桜圃会賞』を設け、地域社会の振興と文化の向上に寄与した会員の活動をたたえ、以って母校と会員と地域社会とのつながりを強めその発展を願うものです。

授賞の内容

 本事業は会員および学生会員を対象とし、次の三つの授賞領域を設けます。

(1) 桜圃会功労賞
これは、会員を対象とし、地域社会への長年にわたる貢献に対して、賞状と記念品を授与します。
(2) 桜圃会奨励賞
これは、原則として50歳未満の会員を対象とし、地域社会への貢献が期待される事業活動に対する支援として賞状と奨励金を授与します。
(3) 桜圃会学生賞
これは、学生会員(在学生)を対象とし、地域社会への貢献が期待される事業活動に対する支援として賞状と奨励金を授与します。なお、活動報告を必要とします。

授賞の対象者

 桜圃会功労賞は、会員若しくは会員が主催するグループや団体を対象とします。桜圃会功労賞に応募する会員は、桜圃会本部あるいは支部の推薦、または他の会員の推薦を受けることとします。また、桜圃会奨励賞は、会員(原則として50歳未満)若しくは会員が主催するグループや団体を対象とします。桜圃会奨励賞に応募する会員は、桜圃会本部あるいは支部の推薦、または他の会員の推薦を受けることとします。また、桜圃会学生賞は、学生会員(在学生)が主催するグループや団体を対象とします。桜圃会学生賞に応募する学生会員は、山口県立大学教職員の推薦を受けることとします。

授賞対象となる分野と内容

 次のいずれかに該当する活動において特に顕著な貢献をなしたものに対して桜圃会功労賞を、また、顕著な貢献が期待されるものに対する支援として桜圃会奨励賞並びに桜圃会学生賞を授与します。

(1)地域社会や文化の振興に寄与する活動
(2)生活文化の創造や普及に寄与する活動
(3)文化的環境づくりに寄与する活動
(4)地域社会や文化を担う人材育成に寄与する活動
(5)その他、選考委員会が認めるもの

応募日程

応募期間:6月1日~8月31日まで
結果発表:10月(予定)

選考方法、および表彰

 選考は山口県立大学同窓会桜圃会の桜圃会賞選考委員会で審査のうえ、桜圃会理事会で決定します。選考結果は学内外に公表し、山口県立大学桜圃学術三賞とあわせて授賞式を行いその栄誉をたたえます。

令和3年度桜圃会功労賞

受賞者

山口県立大学同窓会桜圃会 元長門支部長
阿波昌子 (昭和33年家政科被服専攻卒業)

業績の概要

「桜圃会長門支部会活動に対する貢献」
「永年にわたる議員活動・ボランティア活動の業績」

選考の理由

 阿波昌子氏は、本学を卒業後、長門市内の中学校教諭として40年間勤務された。その間、教科の指導はいうまでもなく、男子テニス部の顧問として生徒の指導にあたるとともに、自らも選手として各種大会に出場するなどして活躍された。
 また、平成11年より、旧・日置町初の女性議員として、市町合併後は長門市初の女性議員として通算14年間、地域の女性の要望に耳を傾け、女性の地位向上のために尽力されるとともに、地域貢献に寄与された。こうした議員活動が評価され、平成23年には中国市議会議長会長賞表彰を、平成25年には全国市議会議長会長表彰を受けられた。
 さらに、数々のボランティア活動にも参加され、山口県教職員退職互助会長門支部の活動では、「歴史探訪会」を立ち上げて、県内外の文化に触れるとともに、会員相互の親睦を図ったり、ハンドベルの会を立ち上げて、地域近郊の施設慰問や地域のイベントに参加されたりするなど、その活動は多岐にわたっている。そのほか、グランドゴルフの競技大会に参加し、高齢者間の親睦と地域のつながりを深める活動も行われている。
 平成12年より11年間、桜圃会長門支部長を務められ、その間もその後も、母校と会員とのつながりを深めるために、桜圃会行事をはじめ、大学行事にも、長門支部会員とともに積極的に参加されている。
 こうした阿波氏の地域社会や文化の支援・普及活動は、「地域社会や文化の振興に寄与する活動」に該当するものである。
 以上により、令和3年度桜圃会選考委員会は、全会一致で阿波昌子氏に桜圃会功労賞を授与することとした。

令和3年度桜圃会奨励賞

受賞者

モッコウサッカ 徳真 代表
竹部 徳真(平成22年生活科学部環境デザイン学科卒業)
     (平成24年国際文化学研究科国際文化学専攻修了)

業績の概要

「山口木アカマツや主に県産材での作品制作を通じた地域文化の振興に関する活動」

選考の理由

 竹部徳真氏は、現在山口市内にアトリエを構え、国内外で活躍されている木工作家である。大自然が語りかける"生"と"こころ"をテーマに木が生きた時間や歴史を、灯りやオブジェで表現している。樹齢数百年を超えたアカマツの大径(希少部位)を素材として選定し、年輪を側面に木取りし、それを独自の轆轤技術で2~3ミリという極限のうすさで削り出される作品はオンリーワンの秀逸なものである。20以上の工程を一貫して一人で行い創り出される作品、その独創的なデザインと光を通すことによって生まれる幻想的な色合いが感動的をもたらす。作品は、「零れ日」シリーズ、ウッドオブジェ、器や花器などの小物と多種ある。
 学生時代にプロダクトデザインを学び、素材研究の視点からもの作りとの関わりが始まった。在学中、フィンランドの展示会で出会った、長野在住の芸術家の「作品表現という生き方」に興味を惹かれ、それがきっかけとなり今の作品との出会いに繋がっている。
 地域資源を素材にした作品は、2015年「ミラノ国際博覧会milano expo2015出展」「やまぐち新進アーティスト大賞受賞」「経済産業省Thewonder500に認定」などの経歴をもつ。日本文化の発信として日本国内、また国内だけでなく世界の各地で、作品展示、個展が開催され、外国からも高い評価を受けている。
 現在、木工作家として活動を始めて7年目に入り、作品のクオリティーと信用の確立が出来、作品の価値も高まっている。やまぐちブランドにも登録され、山口市のふるさと納税返礼品にも選ばれている。
 コロナ禍の中でも淡々と自分自身を見つめ、素材と向き合い、さらに輝く作品をめざし活動中である。どんな時代でも変わることのない"愛ある作品"を山口から発信している、この竹部徳真氏のスケールの大きな活動は地域社会や文化の振興に大いに寄与しているといえる。
令和3年度桜圃会賞選考委員会は、全会一致で竹部徳真氏に桜圃会奨励賞を授与することとした。

令和3年度桜圃会学生賞

受賞者

栄養学科食育系課外活動お弁当の日プロジェクト 代表
栗林 夏子

業績の概要

「栄養学科食育系課外活動『お弁当の日プロジェクト』の活動」
「パンフレット(レシピ集)・動画作成による地域への食情報の発信」

選考の理由

 「お弁当の日プロジェクト」は2008年栄養学科学生有志によって発足した食育系課外活動である。1年生から4年生まで全学年から学生が参加し、現在まで脈々と食育の理念が継承されていることは特筆に値する。
 近年、コンビニエンスストアなどの普及により、多種多様な食事を自由に選べる便利な食環境になってきた。反面、若者にとって自ら食材を選び、安全で豊かな食事を作り上げる技術や能力は次第に低下している。弁当をテーマとし、若者をターゲットにした大学内での「お弁当の日プロジェクト」は、直ぐに役立つ食育活動として着眼点が非常に良い。
 「お弁当の日プロジェクト」の活動内容は年々多様化しており、料理教室の開催や食育ワークショップの企画、地域に出向いての山口県の特産食材の研究や食文化の体験・継承にまでに発展している。
 山口市食生活改善推進員の方々と連携した「一切合切常備菜~お弁当にもいれなさい~」の取り組みは、地域の常備菜を学び伝承する取り組みとして、地域を視野にいれた活動に拡大されている。昨年度はコロナ禍により、料理教室など対面での活動自粛を余儀なくされたが、アイデアとしてQRコードを付け動画で料理の作り方を解説したレシピ集を作成するなど、限られた条件の中で新しい食育媒体を開発している。
 レシピ集は、食生活改善推協議会や山口市の高校生にも配布された。このように地域貢献型大学に則した内容であるといえる、長年の「弁当の日プロジェクト」の取り組みは本賞を受賞するに値するといえる。

受賞者

大学生有志グループ「ショクバカンス・プロジェクト」 代表
大窪 睦季

業績の概要

「持続可能な観光まちづくりをめざしてー『ショクバカンス』プロジェクトー」

選考の理由

 「持続可能な観光まちづくりをめざして-『ショックバカンス』プロジェクト-」は、山口県立大学の学生と山口県下松市の間で、学生の視点を活用した新たな発想による地域の活性化と文化交流を目指した取り組みである。
 山口県内の工業都市である下松市に着目し、県外から来られた地域の企業で働く単身赴任者とその家族を観光という視点で結び、彼らと地域住民との交流を目指した取り組みは「ショクバカンス」という言葉により適切に表現されている。
 また、山口県外に居住する人々が下松市という地域に興味関心をもち、新しい文化交流の拠点として主体的に地域の活性化を目指す取り組みは、まさしく「関係人口創出」という新たな概念の実践化でもある。
 人口減少社会においては、定住人口や観光客または企業の誘致をそれぞれ単独で推進する取り組みでは、地域を再生することは困難であるといわれている。これを「関係人口」という新たな概念で、学生が、単身赴任家族と各赴任先の地域住民をサポートし、地域の活性化を目指す取り組みは評価に値する。
 また、本グループの取り組みは、コロナ禍において、県外から来られた単身赴任者とその家族、また地域社会に対して明るい希望や未来を与えるプロジェクトであるともいえる。
 令和3年度桜圃会賞選考委員会は、全会一致で「持続可能な観光まちづくりをめざして-『ショックバカンス』プロジェクト-」に桜圃会学生賞を授与することとした。

過去の受賞者

桜圃会功労賞
桜圃会奨励賞
桜圃会学生賞

応募様式ダウンロード

桜圃会功労賞関係

・桜圃会功労賞応募申請書
功労賞申請書(Word 29KB)
功労賞申請書(PDF 45KB)

・桜圃会功労賞応募推薦書
功労賞推薦書(Word 29KB)
功労賞推薦書(PDF 29KB)

桜圃会奨励賞関係

・桜圃会奨励賞応募申請書
奨励賞申請書(Word 37KB)
奨励賞申請書(PDF 45KB)

・桜圃会奨励賞応募推薦書
奨励賞推薦書(Word 25KB)
奨励賞推薦書(PDF 29KB)

桜圃会学生賞関係

・桜圃会学生賞応募申請書
学生賞申請書(Word 37KB)
学生賞申請書(PDF 45KB)

・桜圃会学生賞応募推薦書
学生賞推薦書(Word 25KB)
学生賞推薦書(PDF 29KB) 

・桜圃会学生賞事業活動報告書
学生賞事業活動報告書(Word 31KB)
学生賞事業活動報告書(PDF 79KB)

問い合わせ先

山口県立大学同窓会桜圃会事務局
〒753-8502
山口市桜畠3丁目2番1号
TEL:083-925-7485(水・金曜日 10:00 - 17:00)
FAX:083-925-7485(随時)
Email:ouhokai@yamaguchi-pu.ac.jp