桜圃会賞


関連ワードで検索する

趣旨

 山口県立大学同窓会桜圃会は昭和18年の設立以来、会員相互の親睦を図り、各自の教養を高め、母校の事業を支援し、併せて社会の進展と文化の向上に寄与することを目的に事業を展開してきました。このたび、21世紀の初頭にあたり母校が創立60周年を迎えたことを記念して山口県立大学同窓会『桜圃会賞』を設け、地域社会の振興と文化の向上に寄与した会員の活動をたたえ、以って母校と会員と地域社会とのつながりを強めその発展を願うものです。

授賞の内容

 本事業は会員および学生会員を対象とし、次の三つの授賞領域を設けます。

(1) 桜圃会功労賞
これは、会員を対象とし、地域社会への長年にわたる貢献に対して、賞状と記念品を授与します。
(2) 桜圃会奨励賞
これは、原則として50歳未満の会員を対象とし、地域社会への貢献が期待される事業活動に対する支援として賞状と奨励金を授与します。
(3) 桜圃会学生賞
これは、学生会員(在学生)を対象とし、地域社会への貢献が期待される事業活動に対する支援として賞状と奨励金を授与します。なお、活動報告を必要とします。

授賞の対象者

 桜圃会功労賞は、会員若しくは会員が主催するグループや団体を対象とします。桜圃会功労賞に応募する会員は、桜圃会本部あるいは支部の推薦、または他の会員の推薦を受けることとします。また、桜圃会奨励賞は、会員(原則として50歳未満)若しくは会員が主催するグループや団体を対象とします。桜圃会奨励賞に応募する会員は、桜圃会本部あるいは支部の推薦、または他の会員の推薦を受けることとします。また、桜圃会学生賞は、学生会員(在学生)が主催するグループや団体を対象とします。桜圃会学生賞に応募する学生会員は、山口県立大学教職員の推薦を受けることとします。

授賞対象となる分野と内容

 次のいずれかに該当する活動において特に顕著な貢献をなしたものに対して桜圃会功労賞を、また、顕著な貢献が期待されるものに対する支援として桜圃会奨励賞並びに桜圃会学生賞を授与します。

(1)地域社会や文化の振興に寄与する活動
(2)生活文化の創造や普及に寄与する活動
(3)文化的環境づくりに寄与する活動
(4)地域社会や文化を担う人材育成に寄与する活動
(5)その他、選考委員会が認めるもの

応募日程

応募期間:6月1日~8月31日まで
結果発表:10月(予定)

選考方法、および表彰

 選考は山口県立大学同窓会桜圃会の桜圃会賞選考委員会で審査のうえ、桜圃会理事会で決定します。選考結果は学内外に公表し、山口県立大学桜圃学術三賞とあわせて授賞式を行いその栄誉をたたえます。

令和2年度桜圃会功労賞

受賞者

山口県立大学名誉教授
吉田 節子 (昭和28年家政科食物専攻卒業)

業績の概要

「栄養士・管理栄養士の育成」
「県民の栄養改善・健康福祉の普及向上」
「桜圃会における業績」

選考の理由

 吉田節子氏は山口県の技術吏員として、山口県衛生部・保健所において21年間県民の栄養改善・健康福祉等の普及向上に寄与された。特に、地域住民に寄り添った高齢者にもわかりやすい栄養教室や移動保健所など先駆的な活動により、全国栄養改善学会厚生労働大臣賞をはじめとして多くの賞を受賞されている。
 昭和52年からは、教育者として山口女子大学家政学部に奉職され、公衆衛生学・栄養教育論の分野を担当される。これまでの経験を活かし、実践に基づく指導で管理栄養士・栄養士の育成と教育に尽力され、四年制大学として、昭和54年より多くの有能な人材を社会に送り出している。退職後も教育現場に出向き、栄養学に関わる人材育成に非常勤講師として現在も現役として教鞭をとられている。
 桜圃会における業績としては昭和52年から令和元年まで理事を務められ、市民公開講座等地域活動を通して桜圃会の存続と発展に尽力されてきた。その他にも山口県における様々な社会活動に精力的に取り組まれ、県民の健康福祉および教養の向上に貢献されている。
 令和2年度桜圃会賞選考委員会は、全会一致で吉田節子氏に桜圃会功労賞を授与することとした。 

令和2年度桜圃会奨励賞

受賞者

「アトリエa.p.r」代表
片山 涼子(平成19年生活科学部環境デザイン学科卒業)
     (平成21年国際文化学研究科国際文化学専攻修了)

業績の概要

「ファッションショーを通じた地域協働と共創による地域文化活性化のための活動」

選考の理由

 片山涼子氏は、現在山口市大殿大路の「アトリエa.p.r」代表・デザイナーをされており、2012年から毎年3月に開催されている大内文化特定地域活性化事業「やまぐち大殿ひなさんぽ」1dayイベントでファッションショーの企画・運営に携わっておられる。モデルには、地域一般住民からモデル活動をめざす若者までさまざまな人を起用、また、メイク・音響・撮影などのスタッフもプロ・アマチュアを問わずたくさんの人とコラボしている。この取り組みは、地域協働、共創のファッションショーとして、地域に定着、観客動員も200人を超えており、片山氏の文化活動の担い手として果たす役割は大きい。
 生活科学部環境デザイン学科在学中には、「第6回ジャパン・ファッションデザインコンテストin山口」で大賞受賞、また、大学院在学中には、大学ベンチャー企業有限会社ナルナセバの代表取締役として、会社経営を行うなかで、自らの感性豊かなデザイン力で地域に根ざした創作活動を行い、数多くの社会的な賞も受賞した。
 なかでも「山口の観光PR行事の衣装創作」では、古い着物や帯を身につけてきた人々の想いを今に繋ぎ、デザインや形を変えてリメイクした衣装を製作、時代の流れに沿って柔軟に形を変えたその作品は、多くの人々を魅了し高く評価された。
 コロナ禍の変わっていく社会の中でも、「ものづくりで誰かを幸せにできる」という変わらない想いを根底に、ファッションで人々に元気を与え、その元気を励みに、次の創作活動に取り組まれている姿勢は地域社会や文化の振興に大いに寄与しているといえる。
 令和2年度桜圃会賞選考委員会は、全会一致で片山涼子氏に桜圃会奨励賞を授与することとした。

令和2年度桜圃会学生賞

受賞者

芸能サークル『結-Yui-』 代表
安藤 晴香 

業績の概要

「山口鷺流狂言ワークショップ」

選考の理由

 「芸能サークル『結-Yui-』」は,文化創造学科の展開科目「文化創造ワークショップ」の2017年度受講生が,山口鷺流狂言保存会会員である本学大学院修了生の米本太郎氏の講義に刺激を受けて自主的に始めた活動である。この活動は,当初山口鷺流狂言保存会の広報や定期公演の手伝いなどを行うにとどまっていたが,2018年度からは学生の自主的な企画・活動として「山口鷺流狂言ワークショップ」を立ち上げ,これまで3回開催している。いずれの回も狂言の具体的な演目などをテーマに学生の目線で狂言という古典芸能をとらえた斬新なワークショップで,地元の報道各紙に取り上げられ,注目を集めている。また,現在,本サークルは,顧問である稲田秀雄教授や米本氏の指導のもと,学生が脚本・演者をつとめる創作狂言の作成を進めており,本年12月に地域に向けた発表会を開催する運びになっている。
 このように,「芸能サークル『結-Yui-』」は,大学の1サークルでありながらそれにとどまらず,地域に伝わる貴重な無形文化財への支援・普及につながる活動を行っているところに大きな特色があり,これは本学の教育理念の一つである「地域社会との共生」に相応しい活動であるといえる。
 本サークルは,学生の自主的な活動を通じて,まず「狂言」という古典芸能の魅力を地域の人々に広く知ってもらい,そこから地域固有の文化財である山口鷺流狂言への支援の輪が広がっていくことを目指している。  
 こうした学生による地域文化の支援・普及活動は,「地域社会や文化の振興に寄与する活動」に該当するものである。
 令和2年度桜圃会賞選考委員会は,全会一致で「山口鷺流狂言ワークショップ」に桜圃会学生賞を授与することとした。

受賞者

MEP(めっぷ)~未来を笑顔にプロジェクト~ 代表
雨村 紘海

業績の概要

「地域での赤い羽根共同募金の啓発運動」

選考の理由

 「(MEP(めっぷ)~未来を笑顔にプロジェクト~)」は、社会福祉学部の授業の一環であるソーシャルワーク演習Ⅰの企画演習において、赤い羽根共同募金啓発活動を企画した学生たちが2012年に設立したサークルである。設立以来、学内外において赤い羽根共同募金についての啓発活動を展開してきた。
 学内においては、華月祭での企画だけに留まらず、寄附金付ボールペンのキャラクターデザインや学内に設置されている飲料自動販売機のデザインを手掛けてきた。また、学外においては、地域の福祉施設のお祭りにおけるブースの出店や各種イベントにおける啓発活動、地域の小・中・高等学校においては出前授業も実施してきた。彼らの活動は、単に募金を収集することを目的としているのではなく、赤い羽根共同募金の様々な啓発活動を通じて、地域の活性化や地域のつながりの再構築を学生の視点から捉えているといえる。まさしく赤い羽根共同募金のマークに記されている「じぶんの町を良くするしくみ」を目指した活動を積極的に展開し続けているといえる。
 令和2年度桜圃会賞選考委員会は、全会一致で「(MEP(めっぷ)~未来を笑顔にプロジェクト~)」に桜圃会学生賞を授与することとした。

過去の受賞者

桜圃会功労賞
桜圃会奨励賞
桜圃会学生賞

応募様式ダウンロード

桜圃会功労賞関係

・桜圃会功労賞応募申請書
功労賞申請書(Word 29KB)
功労賞申請書(PDF 45KB)

・桜圃会功労賞応募推薦書
功労賞推薦書(Word 29KB)
功労賞推薦書(PDF 29KB)

桜圃会奨励賞関係

・桜圃会奨励賞応募申請書
奨励賞申請書(Word 37KB)
奨励賞申請書(PDF 45KB)

・桜圃会奨励賞応募推薦書
奨励賞推薦書(Word 25KB)
奨励賞推薦書(PDF 29KB)

桜圃会学生賞関係

・桜圃会学生賞応募申請書
学生賞申請書(Word 37KB)
学生賞申請書(PDF 45KB)

・桜圃会学生賞応募推薦書
学生賞推薦書(Word 25KB)
学生賞推薦書(PDF 29KB) 

・桜圃会学生賞事業活動報告書
学生賞事業活動報告書(Word 31KB)
学生賞事業活動報告書(PDF 79KB)

問い合わせ先

山口県立大学同窓会桜圃会事務局
〒753-8502
山口市桜畠3丁目2番1号
TEL:083-925-7485(水・金曜日 10:00 - 17:00)
FAX:083-925-7485(随時)
Email:ouhokai@yamaguchi-pu.ac.jp