桜圃会賞


関連ワードで検索する

趣旨

 山口県立大学同窓会桜圃会は昭和18年の設立以来、会員相互の親睦を図り、各自の教養を高め、母校の事業を支援し、併せて社会の進展と文化の向上に寄与することを目的に事業を展開してきました。このたび、21世紀の初頭にあたり母校が創立60周年を迎えたことを記念して山口県立大学同窓会『桜圃会賞』を設け、地域社会の振興と文化の向上に寄与した会員の活動をたたえ、以って母校と会員と地域社会とのつながりを強めその発展を願うものです。

授賞の内容

 本事業は会員および学生会員を対象とし、次の三つの授賞領域を設けます。

(1) 桜圃会功労賞
これは、会員を対象とし、地域社会への長年にわたる貢献に対して、賞状と記念品を授与します。
(2) 桜圃会奨励賞
これは、原則として50歳未満の会員を対象とし、地域社会への貢献が期待される事業活動に対する支援として賞状と奨励金を授与します。
(3) 桜圃会学生賞
これは、学生会員(在学生)を対象とし、地域社会への貢献が期待される事業活動に対する支援として賞状と奨励金を授与します。なお、活動報告を必要とします。

授賞の対象者

 桜圃会功労賞は、会員若しくは会員が主催するグループや団体を対象とします。桜圃会功労賞に応募する会員は、桜圃会本部あるいは支部の推薦、または他の会員の推薦を受けることとします。また、桜圃会奨励賞は、会員(原則として50歳未満)若しくは会員が主催するグループや団体を対象とします。桜圃会奨励賞に応募する会員は、桜圃会本部あるいは支部の推薦、または他の会員の推薦を受けることとします。また、桜圃会学生賞は、学生会員(在学生)が主催するグループや団体を対象とします。桜圃会学生賞に応募する学生会員は、山口県立大学教職員の推薦を受けることとします。

授賞対象となる分野と内容

 次のいずれかに該当する活動において特に顕著な貢献をなしたものに対して桜圃会功労賞を、また、顕著な貢献が期待されるものに対する支援として桜圃会奨励賞並びに桜圃会学生賞を授与します。

(1)地域社会や文化の振興に寄与する活動
(2)生活文化の創造や普及に寄与する活動
(3)文化的環境づくりに寄与する活動
(4)地域社会や文化を担う人材育成に寄与する活動
(5)その他、選考委員会が認めるもの

応募日程

応募期間:6月1日~8月31日まで
結果発表:10月(予定)

選考方法、および表彰

 選考は山口県立大学同窓会桜圃会の桜圃会賞選考委員会で審査のうえ、桜圃会理事会で決定します。選考結果は学内外に公表し、山口県立大学桜圃学術三賞とあわせて授賞式を行いその栄誉をたたえます。

令和元年度桜圃会功労賞

受賞者

山中 壽子 (昭和19年裁縫科卒業)

業績の概要

「山口女子大学設置における貢献」
「桜圃会会長としての業績」

選考の理由

1)桜圃会長としての業績
 山中壽子氏は、桜圃会員の名簿を作成し県内外に支部会を結成するなどの組織化を図り、桜圃会長として長年にわたり組織の育成強化を図った。

2)山口女子大学(現山口県立大学)の設置における貢献
 山口女子短期大学から四年制大学への昇格運動に精力的に尽力した。即ち、県民の世論を喚起するため県下各地で署名活動や「夏期大学公開講座」の開催、会員全員から多額の寄付を集めるなど物心両面にわたって奔走した。また県知事、教育長、県議会議長、山口市長に陳情依頼。各婦人団体、文化人、マスコミ関係にも協力を依頼して、早期実現を図るなど東奔西走に努めた。それは当時の記録や新聞、桜圃会報などからも明白な事象である。かくして昭和50年(1975年)1月文部省より認可。4月、念願の四年制大学が誕生したのである。開校以来、卒業生は北海道から沖縄に至る全国各地で、また国際社会で活躍し、ますます発展しつつある現山口県立大学の礎を築かれた功績、貢献度は誠に偉大である。
 令和元年度桜圃会賞選考委員会は、全員一致で山中壽子氏に桜圃会功労賞を授与することとした。

令和元年度桜圃会奨励賞

受賞者

特例認定NPO法人とりで理事長
金本 秀韓(平成18年社会福祉学部卒業)

業績の概要

「アウトリーチを活かした地域における子育て支援」

選考の理由

 金本秀韓氏は、平成18年に社会福祉学部を卒業して以来、ソーシャルワーカーとして、子ども家庭福祉分野に実践の基盤を置く活動を行ってきた。平成28年には、これまでの経験と新たな想いのもとにNPO法人の認定を受け、自立援助ホームを設立した。金本氏が目指す事業は、自立援助ホームの運営に留まらず、アウトリーチ機能を用いて、地域の福祉課題の解決に向けた取り組みである。その取り組みは、学習支援や食事支援等を中心とした子どもの貧困対策を含む地域の子育て支援として、地域に根差した活動へと発展させた。
 金本氏のこれまでの様々な取り組みは、事業利益を追求するものではなく、地域の子どもたちの最善の利益を追求した活動と言える。その評価は、事業運営の適正と公益の増進に資するもとして、一定の基準に適合したNPO法人のみに認められる特例認定NPO法人の認定を得るまでに至った。
 こうした活動は、「地域社会や文化の振興に寄与する活動」に該当し、顕著な貢献として評価に値する。
 令和元年度桜圃会賞選考委員会は、全会一致で金本秀韓氏に奨励賞を授与することとした。

令和元年度桜圃会学生賞

受賞者

「こどもくずし字教室」プロジェクト

代表 田窪 満里奈

業績の概要

「こどもくずし字教室」プロジェクト

選考の理由

 「こどもくずし字教室」は,文化創造学科日本文化論研究室の所属学生や「くずし字読解自主ゼミ」に参加する学生たちが実施したプロジェクトです。  本プロジェクトは,地域の小学生とその保護者を対象に,江戸時代以前に使われていた「くずし字」を,たのしみながら学習をすることで,地域に残る歴史的文献に親しむきっかけをつくり,日本の伝統文化の継承を目的とするものです。 本プロジェクトは,昨年はじめて開催した「こどもくずし字教室」の経験を踏まえ,その文化的意義,運営の方法,どのようなコンテンツが望ましいのかを再検討し,本学学生として,地域に根差した文化的貢献をするための内容や方法について1年にわたり議論を重ね実施したものです。具体的には,くずし字を用いたゲームの実施,糸と針を使って和本を綴じる和本製作体験や,自分の名前をくずし字にして修了書に書いてみる体験などです。  こうした活動は,地域の子どもや保護者が楽しみながら「くずし字」を学ぶ端緒となったこと,また参加した親子が日本の伝統文化や地域の歴史に興味をもつ契機となり,「地域社会や文化を担う人材育成に寄与する活動」に該当するものです。  令和元年度桜圃会賞選考委員会は,全会一致で「こどもくずし字教室」プロジェクトに桜圃会学生賞を授与することとしました。

過去の受賞者

桜圃会功労賞
桜圃会奨励賞
桜圃会学生賞

応募様式ダウンロード

桜圃会功労賞関係

・桜圃会功労賞応募申請書
功労賞申請書(Word 29KB)
功労賞申請書(PDF 45KB)

・桜圃会功労賞応募推薦書
功労賞推薦書(Word 29KB)
功労賞推薦書(PDF 29KB)

桜圃会奨励賞関係

・桜圃会奨励賞応募申請書
奨励賞申請書(Word 37KB)
奨励賞申請書(PDF 45KB)

・桜圃会奨励賞応募推薦書
奨励賞推薦書(Word 25KB)
奨励賞推薦書(PDF 29KB)

桜圃会学生賞関係

・桜圃会学生賞応募申請書
学生賞申請書(Word 37KB)
学生賞申請書(PDF 45KB)

・桜圃会学生賞応募推薦書
学生賞推薦書(Word 25KB)
学生賞推薦書(PDF 29KB) 

・桜圃会学生賞事業活動報告書
学生賞事業活動報告書(Word 31KB)
学生賞事業活動報告書(PDF 79KB)

問い合わせ先

山口県立大学同窓会桜圃会事務局
〒753-8502
山口市桜畠3丁目2番1号
TEL:083-925-7485(水・金曜日 10:00 - 17:00)
FAX:083-925-7485(随時)
Email:ouhokai@yamaguchi-pu.ac.jp