第17回山口看護学会学術集会リーフレット

 山口看護学会では、看護学の発展と知識の向上を図ることを目的として、学術集会を、毎年開催しています。このたび、第17回山口看護学会学術集会を下記のとおり開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。
 当日参加も可能となっております。多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。

第17回山口看護学会学術集会
学会長  丹 佳子


日時
平成30年10月27日(土)
8時30分 受付開始
9時00分~14時30分(予定)

会場
山口県立大学 講堂(桜圃会館) 山口県山口市桜畠6-2-1

参加費
一般:1,000円、学生:500円

内容
9時00分~12時00分  一般演題、海外活動報告
【一般演題(予定)】
・A病院ICUにおける睡眠満足度への影響要因の検討
・A病院一般外科病院における術後せん妄の発生要因の実態調査
・フットポンプによる褥瘡の要因を明らかにする
・脳血管障害患者の口腔内乾燥改善の検討
 -頸部ポジショニングとバンカー法を応用して-
・化学放射線療法を受けた耳鼻科頸部がん患者の退院後の思い
・入院肺がん患者が就労支援に対して求める病棟看護師の援助に関する検討
 -カルテ記録からの考察-
・退院後の褥婦に対する育児不安への支援

13時00分~14時30分  教育講演
『みる』ことからはじまる看護の学び ~看図アプローチによる授業を体験してみよう!~
講師:山下雅佳美(中村学園大学短期大学部専任講師・看図アプローチ研究会事務局長)