ビショップス大学(2017年度交換留学生)国際文化学科4年 山本和樹<4号 2018年3~4月>


関連ワードで検索する

はじめに

 とうとうビショップス大学を旅立ち大切な友達とお別れをする時が来てしまいました。今回の報告書を書いている場所はバンクーバー空港です。未だにビショップス大学を出発し日本に向かっているという実感がわいてきません。また明日からビショップスに帰り、デューイズという大学の食堂で友達とワイワイ会話する日々が待っているような感じがします。8ヶ月カナダにいましたが、2~3ヶ月ほどしかいなかったような感じです。それほど、ビショップスライフが充実したもので、楽しかったのだと思います。今回は、リーディングウィーク(Spring vacation)とイースターでの旅行、最終試験、ビショップス大学のイベント、旅立ちについて主に報告します。

最終試験

Educational Psychology
 最終試験の代わりに10分間のプレゼンテーションを課題として出されました。この課題は今の生徒の問題、例えば学習障害を持つ生徒や学習意欲がない生徒に対して、教育心理学の面からどのようなアプローチができるのかをプレゼンするというものです。私は、日本人の英語の授業に対するモチベーションを上げる方法についてプレゼンを行いました。もちろん作る際には参考文献を探したり教科書を読みなおしたり、苦労しましたが、将来の自分の為となる知識も多く得ることができたため、とても良い機会となりました。また、他の学生の発表を通して、カナダの教育の問題と日本の教育の問題の比較や、他の学生が考えたアプローチはどのように日本の教育に活かすことができるのか考える良い機会でした。

Oral Communication
 この最終試験は英語の発音問題や音声論に関するのが主でした。この試験は私にとって、とても難しいテストでした。一例として、important・input・indeed・incentiveこの4つのim とin の部分で、なぜimportantはinportantではないのか説明するものでした。テストは難しかったですが、この授業では、ディスカッションや課題を通して、自分のオリジナルのリスニング教材を作っていきます。ESLについても深く学ぶことができ、役に立つと思える授業内容でした。

Effective Writing
 この授業では試験はなく、今までの課題のポートフォリオを出すというものです。毎週課題を出され、課題を提出し自分のペーパーを教授にフィードバックしてもらい、そのフィードバックに従い、より良いものに改善したものをポートフォリオにします。いかに改善されたかが高得点をとるポイントとなります。

Business English
 この最終試験は3時間あり、リスニング、ボキャブラリー、リーディング、ライティングとスピーキング以外の全ての能力が問われます。スピーキングは授業の中でめちゃくちゃ鍛えられます。テスト自体はそれほど難しいものではありませんでしたが、範囲が広かった為、一通り勉強しなければ点数はとれません。

イースター&リーディングウィーク

 3月の1週目、リーディングウィークという1週間の休みがあります。名前はリーディングウィークというものの、おそらくリーディングをする人はほぼいないのかなと思います。多くの人が、旅行をして勉強に対するストレスを発散します。私はリーディングウィーク中、ニューヨークとボストンに行きました。ニューヨーク・ボストンの観光名所ほぼ制覇しましたが、野球好きの私にとってはニューヨークヤンキースの本拠地であるヤンキーススタジアムとボストンレッドソックスの本拠地であるスタンレーパークに行ったことが一番の想い出です。野球を観た訳ではありませんが、ものすごく大きく、グッズショップには有名なメジャー選手のグッズがずらりと並んであり、感動しました。松坂大輔選手と田中将大選手のグッズもありました。
 イースターではトロントに行きました。トロントではメジャーリーグを観たり、ナイアガラの滝に行ったりしました。ナイアガラの滝は、期待を裏切らない迫力があり見に行ってよかったと思いました。ナイアガラの滝はアメリカとカナダの境界にあるため、アメリカに歩いて渡ることもできます。しかし、私はStudy Permitを持って行くのを忘れてしまい、国際審査の受付員に少し怒られてしまいました。旅行する時には必ずStudy Permitを忘れないようにしましょう。
 写真で私の旅行の楽しさを感じとってみてください。

Gait Night

 ビショップス大学内にバーがあり、毎週木曜と土曜の午前3時まで開いています。そこでは学生がビールやテキーラを飲みまくって、でかい音楽にあわせダンスをしています。本当にクレイジーなビショップス大学の一面が楽しめます。私は最後のGait Nightを楽しみました。多くの友達とダンスや会話をしたり、友達繋がりで新たな友達が増えたりする為、楽しむだけでなく人脈を広げるのでとても良い場所です。

おわりに

 写真から見てわかるように友達がたくさんできました。彼らから新たな価値観を学ぶことが多く、私のビショップスライフを豊かにしてくれたかけがいのない仲間です。もう今までのように毎日会うことはできませんが、別れだとは思っていません。さっそく12月に結婚式を祝いにパキスタンに行く予定を立てています。このように、離れてもつながることができる友達をつくることができたことは、留学をした大きなメリットだと思います。留学をしてよかったと心から思えることができて本当によかったです。