ビショップス大学(2017年度交換留学生)国際文化学科4年 岩佐優里佳<2号 2017年11~12月>


関連ワードで検索する

 カナダに来て早くも4か月が経ち、留学生活の半分が過ぎてしまいました。カナダの冬は寒いと聞いていましたが、本当に寒く-20℃以下になる日もあり、外に出るのが嫌になるほどです。-5℃の日は暖かく感じてしまいます。カナダの冬はとても長く、暖かくなるのは5月だそうです。

11月の中旬ころ雪が降り始めました

1月7日、雪が積もり一面真っ白です

 今回は11月・12月の授業や期末テスト、冬休みについて書きます。

Final Exam

 私は秋学期に4つの授業を履修していました。それぞれの期末テストについてお話しします。

ESL126 Oral Discorse I

 期末テストはありませんでしたが、その代わりにディベートと単語テストがあります。ディベートは5人ずつのチームに分かれ、それぞれテーマを決め、賛成派反対派に分かれてみんなの前でディベートをするというものです。私のチームは環境問題について行いました。チームごとに意見をまとめたくさん準備をするのですが、クラスメイトの前でするということもあってすごく緊張しました。
 この授業はグループワークが多いため、話す機会がたくさんありますし、話すことによって友人もできるためおすすめです。

ESL210 Advanced Writing

 Mid termと同じ形式のテストでした。教科書から出される単語のテスト、授業で学んだ文法のテスト、3つのテーマから1つ選んでエッセイを書くテストが含まれていました。エッセイのテーマは今まで授業で学習した内容のため、しっかりと復習をしたり先生や友人に質問したりして準備をしていくと解ける問題だと思います。

EDU105

 テスト前に2回、授業内容をしっかりと把握していないと解けない宿題が出ました。その宿題を終わらせるのには時間がかかりますが、成績に反映もしますし、テスト勉強にもなるため真剣に取り組みました。また、この授業はmoodleといって県立大学で言うYPUポータルのようなものに、授業で使われたパワーポイントや資料、解説などがアップされているため復習するのにとても助かりました。またテスト1週間前には復習問題がアップされて、その問題をテスト勉強に活用しました。復習問題から多くの問題がテストで出ていたため、やっておいてよかったと思いました。

FRE100

 フランス語初級の授業です。単元ごとに毎回小テストがあり、そのたびに苦戦していました。期末テストはリスニングテストがありましたが、ほとんど解けませんでした。教科書の内容に関するCDをしっかりと聴いておくべきだったと反省しています。またこの授業は秋学期全体で習った単元が範囲だったため、忘れていることも多く、教科書を見返したり問題集の問題をひたすら解いたりしていました。どうしてもわからない所はフランス人の友人に教えてもらい助けてもらいました。筆記問題は難しいものもありましたが、問題集から出ているものもありリスニングほどは苦戦しませんでした。ですが、男性名詞や女性名詞など覚えることがたくさんあり、フランス語を学ぶのは大変でした。

 期末テストの期間中、寮は19時から翌朝7時までQuiet Hourで静かにしないといけなかったり、図書館は12時、食堂は夜中2時まで開いていたりとテスト勉強に集中できる環境が整っていました。勉強ばかりではきついため、友人と勉強した後カフェや食堂に行ってくつろぎ、また勉強するなどメリハリをつけて生活をしました。ただ、私は3日連続でテストがあったため、最後の方は詰め込みのようになってしまいました。次のテストでは計画的に勉強できるようにします。

生活・休日について

 11月頃からはカナダでの生活も慣れ、シャーブルックの街に行く機会も増えました。カフェやレストランなど友人がおすすめの場所へ連れていってくれたり、街を歩いてかわいいお店を見つけたりと、今まで知らなかった素敵な場所がたくさんあることを知りました。これからまだ行ったことのない場所へ行ったり、散策したりして良いところを見つけていきたいです。
 11月の初めの土日はケベックシティへ行きました。かわいい建物がたくさんあり、本当にヨーロッパにいるような雰囲気でした。時間がゆったりと流れているようで、とても好きになりました。冬はとてもきれいだと聞いたので、もう一度行ってみたいです。

 テスト後の休日には昨年ビショップスから県立大学に来ていた2人と県大生でラーメンパーティーをしました。私の寮Mackinnonはキッチンがあるので、もやしや卵を買ってラーメンをつくってみんなで食べました。とても楽しい時間でした。これからも友人との楽しい時間を増やしていきたいです。また、食堂のご飯ばかりだと日本食が恋しくなるため、時々つくったり、お寿司屋やラーメン屋に行ったりすることもあります。

冬休み

 期末テストが終わると約1か月の長い冬休みがあります。テストが終わって24時間以内に寮から出ないといけないという決まりがありますが、申請をすれば滞在することができるため、私はテスト後も1週間ほど寮にいました。この冬休みはバンクーバー、シアトル、モントリオール、ニューヨークに行きました。

バンクーバー

 バンクーバーではクリスマスシーズンということもありクリスマスマーケットが開かれていたので行ってみました。ギターの引き語りがあったり、食べ物やクリスマスグッズが売られている屋台がたくさん並んでいたりと、クリスマスマーケットに行くのははじめてでしたが多くの家族が遊びに来ていました。また、クリスマスマーケットが開催されている場所にバンクーバーオリンピックの聖火台があり、驚きました。
 スタンレーパークを散歩したり、ライオンズゲートブリッジを渡ったりもしました。夜景がとてもきれいで歩いていて気持ちが良かったです。バンクーバーは自然も多く街全体がとてもきれいでした。

 シアトルはバンクーバーからバスで3時間ほどで行けたため日帰り旅行をしました。陸路で国境を超えるのは初めてでしたし、日本では経験できないためワクワクしました。

モントリオール

 バンクーバーから帰ってきてモントリオールに2日間滞在しました。モントリオールをよく知っている友人にOld Portに連れていってもらいました。教会や街並みがきれいで、モントリオールは3回目でしたが、ショッピングや遊園地しか行ったことがなかったため新たなモントリオールの魅力を発見できました。また、友人はパキスタン出身でおすすめのパキスタン料理のお店に連れていってくれました。どれも本当においしかったです。モントリオールにはさまざまな国のレストランがあり、多民族国家のカナダならではだと思いました。

ニューヨーク

 ニューヨークにはモントリオールからバスで8時間ほどで行くことができます。映画「ナイトミュージアム」の舞台となったアメリカ自然史博物館に行きました。想像以上に広く、2時間かけて4階あるうちの1階分しか回れなかったため、そのあとは見たいエリアだけ見ることにしました。映画に出てくる展示物もあり興奮しました。

 30日の夜は念願だったブロードウェイで「オペラ座の怪人」を観ました。一つひとつ専用の劇場があり、劇場の中に入った瞬間から物語の中にいるように思えました。歌声がとてもきれいで迫力もすごく、何度も鳥肌が立ちました。機会があればもう一度見に行きたいです。

 大晦日はニューヨークに来た目的であるタイムズスクエアのカウントダウンに行きました。12時頃からゲートを探して歩き回り、たどり着いたのは1時間後の13時頃でした。そこから長い長い待ち時間を寒い中立ちっぱなしで耐えました。途中何度かもう無理と思う時もありましたが、一緒にいた友人と励まし合ったり、談笑したりと楽しむこともでき、何とか11時間待つことができました。カウントダウンの瞬間は今までで一番うれしく達成感のある年越しでした。なかなかできない経験でとても良い思い出になりましたが、もう一度はできないです。
 帰ってきてからは寮が開くまでの間、大学のバルサン先生の家でホームステイをさせてもらいました。映画を観たり、パーティーで大学の教授たちとご飯を食べたりして、有意義な時間を過ごすことができ、本当に感謝しています。

終わりに

 留学の半分が終わってしまい焦る部分もありますが、充実した毎日を送れるようにして悔いなく生活していきたいです。授業も始まり、気合を入れなおして勉強に励むことと、友人との時間を今までよりも大切にしていきたいと思います。