ビショップス大学(2017年度交換留学生)国際文化学科3年 別府空見子<3号 2018年1~2月>


関連ワードで検索する

はじめに

 厳しい冬も峠を越え、少しずつ春の兆しを感じられるようになりました。ビショップス大学での生活にもずいぶん慣れましたが、そんな留学生活も、だんだん終わりが近づいています。今回は、冬学期に履修している授業と、県立大学の学生で企画したイベントについて報告します。

授業

 今学期に履修している授業は、以下の5つです。前学期の教科書を続けて使うクラスや教科書を使わないクラスが多いので、教科書代は約45ドルと、秋学期より安くすみました。

ESL131 Business English
 ビジネスシーンにおける英語表現を学びます。先生はとても礼儀正しく気品のある方で、まさにビジネスのお手本です。毎回異なるビジネスシーンを取り上げ、ペアやグループで意見交換したり、実際に使えるフレーズやボディーランゲージを用いてロールプレイをしたりします。またvideo assignmentという、短いニュースを視聴して問題に答える課題が出たり、ビジネスに関わるテーマでプレゼンテーションを行ったりします。

ELA116 Effective Writing
 正しく効果的なライティング方法を学ぶクラスです。毎週火曜日はレクチャーで、木曜日にはワークショップがあります。レクチャーで学ぶスキルを応用し、ワークショップでは、実際にエッセイや要約文を決められた時間内に書く練習をします。毎週250字程度の課題が出され、オンラインで提出します。また、一度提出した課題は先生からのコメントを参考に修正し、中間課題としてまとめて再提出します。

EWP099 English Writing Proficiency
 エッセイの基本的な書き方を学ぶクラスです。週3回授業があり、全体授業が1回、チュートリアルとよばれる少人数での授業が2回あります。全体授業とチュートリアルで学ぶ内容はほぼ同じですが、チュートリアルではその内容を深く掘り下げ、実際にエッセイを書きながら、先生にマンツーマンで指導してもらえます。全体授業でも、毎週短めのエッセイ課題があります。

FRE101 FrenchⅡ
 秋学期に引き続き、フランス語の授業を履修しています。「FrenchⅠ」で学習した内容よりもさらに複雑な文法や語彙が登場します。定期的に小テストがあり、毎回復習を重ねて挑むのですが、なかなか納得のいく点数がとれません。時折投げ出したくなり、落ち込むこともありますが、些細なことでも疑問に思えば友人に聞き、複雑な文法は繰り返し書いて音読するなど工夫して、頭にインプットするよう心がけています。

FIH100 The Art of Viewing: Introduction to Art History
 哲学者や芸術家の理論を読み解き、美術作品の表現方法やその意味を分析します。レギュラークラスなので、先生の話すスピードや授業展開が速く、板書やパワーポイントも少ないため、初めは全く授業についていけませんでした。先生のレクチャーを録音して聴きなおしたり、友人とノートを交換し情報を共有したりするなど工夫を重ね、少しずつですが授業に積極的に参加できるようになってきています。定期的に600~800字程度のreading response(教科書や授業内容のまとめ)の提出があります。

 授業数が前学期より1つ増え、課題が重なったり予習復習に追われたりで、少し忙しくなりました。中間試験期間も過ぎ、授業が受けられる期間も残り2か月を切っています。時間を大切に使い、最終試験まで気を抜かず頑張ります。

イベント企画

 今年度日本語TAとしてビショップス大学に派遣されている小荷子さんの提案で、日本語を学ぶビショップスの学生と、県立大学をはじめとする日本人学生の交流会を開きました。交流会の目的としては、学生同士の仲を深めるほか、日本語や日本文化に興味があり、留学へ踏み切ることに迷っている学生に、県立大学を交換留学先のひとつとして検討してもらえるよう、大学紹介やおもてなしをすることでした。交流会ではまず、パワーポイントを使って県立大学紹介のプレゼンテーションを行いました。同時進行で料理の下準備に取り掛かり、プレゼンテーション終了後、みんなで日本料理を作って食べました。天ぷらに卵焼き、和風サラダ、おにぎりなどを振る舞い、学生たちはどれも美味しく食べてくれました。その後は、カラフルな折り紙を使って、鶴を折りました。小荷子さんと岩佐さんが中心となり、英語と日本語を使って楽しみながら、学生に鶴の折り方を教えました。ビショップスの学生と日本人学生の交流が深まっただけでなく、県立大学の魅力や日本文化への認識も広めることができ、とても充実した時間となりました。機会があれば、次の交流会もぜひ検討したいと思います。

交流会の様子


学生に鶴の折り方を教える小荷子さん

天ぷら初挑戦

みんなで記念撮影

おわりに

 厚手の冬コートも役目を終え、待ちに待った春がやってきます。ビショップスでの留学生活も気づけば残り2か月を切り、時の流れの早さを実感しています。勉強はもちろん、友人との仲もさらに深め、留学生活の集大成にむけて、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。