釜山大学校(2017年度交換留学生) 国際文化学科3年 辰川倫<5号 2017年11~12月>


関連ワードで検索する

 釜山大学校での交換留学も期末試験を受け、あっという間に終わってしまいました。本当に時間が経つのが早かったです。留学に行く前や始まって最初の頃は不安や心配ばかりでした。留学中は楽しい事、日本にいたらあまり困らないであろうことが韓国では外国人なので不便なこともあり、様々な経験をすることができたと思います。また、自分がどのような性格なのか自分自身としっかり向き合えた留学生活になったと思います。

11月

南海ドイツ村

 11月には安部さんと古川さんと南海ドイツ村に行って来ました。
 ドイツ村は1960年~1970年代にドイツに看護師又は鉱山労働者として派遣され帰って来た人たちの為につくられたそうです。釜山のササンからバスに乗って約2時間半で南海ドイツ村に到着しました。南海バスターミナルから市内バスに乗ってドイツ村まで行くのですが、バスの本数が少ない為、事前に確認して行くのをお勧めします。市内バスに乗ってドイツ村まで行く時、間違えて一つ手前のバス停で降りてしまい、近くのスーパーで聞いてみると10分くらい歩いたら着くとのことで歩いていたのですが、それを見ていたカップルがスーパーで尋ねている様子を見ていたようで車でドイツ村まで送ってくれました。結構な距離がありました。この日は寒かったので、とてもありがたかったです。

 ドイツ村では目的であったビールとソーセージを食べて来ました。ここのビールやソーセージはドイツから輸入しているそうです。とてもおいしかったです。毎年10月にはビールフェスティバル「オクトーバーフェスト」が開催されているようです。残念ながら私たちは11月に行ったので参加できませんでした。

韓国で혼영(ホンヨン)

 韓国では今、1人で行動することに関した言葉が多いです。特によく使われるのが「혼밥(ホンパㇷ゚)」という言葉だと思います。これは「혼자 먹는 밥」という言葉の略語であり、1人で食事をすることを表します。また「혼영(ホンヨン)」とは「혼자 보는 영화」という言葉の略語で、1人で映画を観ることを表します。私は今回、「혼영(ホンヨン)」をして来ました。

 場所は釜山大学校の近くにある映画館でコメディとホラーが混ざった映画を観ました。料金は釜山大学生割引で6000₩(約600円)で観ることができます。とても安いので日本にいた時よりも留学中は映画を観に行く事が多くなりました。1人で映画は日本でもしたことが無かったので緊張しましたが、映画館は真っ暗なので1人で観に行ってもあまり気にすることなく観ることができました。

脱出カフェ

 韓国には脱出カフェという脱出ゲームを実際に体験することができるカフェがあります。値段が高いため、行きたくても中々行かずにいたのですが、授業でインタビューをする課題がありそのインタビューする場所をこの脱出カフェにし体験してきました。3人で行き、1人当たり1万5千₩で、日本円にすると約1,500円でした。とても高いです。大人数で行く事をおすすめします。しかし、実際に体験してみると1,500円を出すほどの価値があるくらいのクオリティーでした。所要時間は約1時間でしたが、残念ながら私たちは時間が足らず脱出を成功することができませんでした。
 ゲームが終わると記念写真を撮ってくれます。

12月

 釜山大学校内を歩いていたら森林からガサガサ音がすると思い、見てみると黒いリスのような動物がいました。検索して見ると청설모(チョンソㇽモ)というリス科の動物でした。写真を撮ろうと思ったのですが動きがとても速くて撮れませんでした...。インターネットで探してみてください。

期末テスト

 12月18日~21日まで期末テストでした。テスト期間になると大学の周辺では教会、企業などが試験期間中の学生を応援するためにコーヒー、菓子パンなどを提供していることが多いです。寮でも試験期間中にお菓子、ジュースを配布していました。配布された日は、寮の玄関に沢山の寮生が並んでおり、20分くらいは待った時もありました。

配布イベントのお知らせの張り紙(寮内)

配布された間食