慶南大学校(2017年度交換留学生)国際文化学科3年 古川千紘<3号 2017年7~8月>


関連ワードで検索する

はじめに

 夏休みも終わり、後期が始まりました。今回は、夏休みの間の過ごし方や新学期の目標などについて書いていきます。

夏休み

 6月末から約2か月あった夏休みの半分は、韓国で過ごしました。韓国では、2回のソウル旅行、大邱や釜山に日帰り観光など旅行をたくさんしました。ソウルでは、私が韓国語を学ぶきっかけとなったK-POPアイドルの除隊を見に行ったり、チマチョゴリ体験をしたりしました。大邱では、壁画村や伝統市場にショッピングに行きました。釜山では、カフェ巡りやショッピングをしました。韓国の伝統家屋を見たり、日本にはない軍隊の除隊式などに参加し韓国の文化に触れることができていい経験になりました。
 日本では、もともと来年の就職活動のためにアルバイトをしてお金を貯める予定でしたが1か月という短い期間であるということ、アルバイトを探し始めるのが遅かったということもあり、まともにアルバイトができませんでした。日本にいる間は、韓国にいる友達とたくさん連絡を取ったりして韓国語を使うようにしました。しかし、もっと計画を立ててアルバイトや勉強をしたらよかったと思っています。


ソウル キョンボックン
 

釜山 チャガルチ市場


新学期の目標

授業の予習復習をしっかりする。
 ⇒留学生用の授業がなくなり授業内容がさらに難しくなるから。
韓国人と積極的に関わる。
 ⇒授業内で韓国人と関わる機会が増えるので韓国語を使うことを恐れずに積極的に会話をしたい。

まとめ

 いよいよ、最後の学期が始まります。留学生活を悔いの残らないように前期よりも充実した日々を送りたいと思います。