慶南大学校(2017年度交換留学生)国際文化学科3年 古川千紘<2号 2017年5~6月>


関連ワードで検索する

はじめに

 留学生活が始まりもうすぐ半分が過ぎようとしています。韓国は、日本より1か月早く大学が始まるので6月末から夏休みに入りました。今回は、前期のまとめをします。

授業やテスト

 私がとっている4つの授業の内、2つが留学生用の授業です。留学生用の授業は中級までしかないので、2年間韓国語を勉強して留学に来た私にとっては少し簡単な内容になっています。しかし、韓国語での授業に慣れる練習にもなり、ほかの国から来た留学生と交流できました。残りの2つは、学科の授業なので難易度が上がりますが、語彙を増やせたので、後期のためにいい経験になったと思います。

放課後、休日の過ごし方

 放課後になると仲良くなった留学生から「뭐해?(何してるの?暇?)」と連絡が来ます。そこから自然にみんなで集まって、ご飯を食べに行ったり誰かの部屋で雑談をしたりすることが多いです。仲のいい留学生の中に、日本人は私1人なので、会話は全部韓国語です。韓国語を使う機会を増やせて、いろんな国の文化と触れ合えるのでとてもいい経験になっています。また、グローバルバディーと勉強をしたりカフェに行ったりしました。休日は、留学生の友人と旅行をしたり、釜山大学校にいる友人に会いに行ったりしました。

留学生の友人と大邱旅行

夏休みの計画

 夏休みには、ソウル旅行を計画しています。旅行客の多いソウルでは日本語が通じるところも少なくありませんが、韓国語を使って旅行を楽しみたいと思います。また、日本に一時帰国する際には、できるだけ韓国語に触れるために韓国の友人と連絡をとろうと思います。

まとめ

 最近は、日本人以外の友人が増えて韓国語を使うことが増えたので、会話能力が鍛えられているのを感じます。夏休みが始まると、韓国語に触れる機会が少なくなってしまうので、韓国語の勉強をしっかりしたいと思います。