釜山大学校(2017年度交換留学生)国際文化学科3年 安部リタ<1号 2017年3~4月>


関連ワードで検索する

はじめに

 釜山大学校での留学生活が始まって2ヶ月が経ちました。授業や寮での生活にも慣れ、毎日、様々な刺激を受けながら充実した留学生活を送ることができています。今回は、寮生活、大学生活、放課後や休日の生活について紹介します。

寮生活

 私は、釜山大学校の学生寮웅비관(ウンビ館)のB棟で生活をしています。部屋は2人部屋で机、ベッド、クローゼット、シャワー、トイレなどがあります。大学の寮では自炊できないので、キッチンや冷蔵庫はありません。食事は、寮食や外食などが主です。私は、平日の5日間で朝と夜の寮食を申請しています。寮の中には共同の休憩室(Wi-Fiがとてもいい場所)、自習室、洗濯室、コンビニ、パソコン室、ジム(会員制)などがあり、特に生活に困ることはありません。ただ、寮のある場所は大学の敷地内の一番上にあるので、坂を上ったり下ったりするのは、結構大変です。

寮の部屋

寮食


大学生活


校内の様子
 授業では「중급한국어(中級韓国語)」「유학생을위한한국의전통사상개관(留学生のための韓国の伝統思想開館)」「유학생을위한부산의생활과문화(留学生のための釜山の生活と文化)」「유학생을위한한국문화의이해(留学生のための韓国文化の理解)」の4つを履修しています。韓国の履修登録は早い者勝ちなので、履修登録の時間が始まった瞬間に自分の取りたい授業を登録しなければ、人気のある授業だと、履修登録できなくなってしまいます。前期の履修登録は、日本にいる時に行ったので、日本の友達や韓国の友達にも協力してもらいながら登録しました。授業はもちろん、すべて韓国語で行われます。はじめはとても不安でしたが、どの授業の先生もみんなが理解できるように丁寧に説明してくれます。また、自分の耳もだんだんと慣れてきて、理解できることが多くなってきました。分からないことがあれば、授業中でも授業後でも積極的に先生に質問することで、さらに理解度が高まり、授業がより楽しくなってきました。
 課外活動では、韓国語を教えてもらうPNUFというサークルに入っています。毎週火曜日と木曜日の19時からあり、だいたい4人ぐらいのグループに分けられて活動しています。1つのグループにつき1人の韓国人学生がついて、毎回楽しく韓国語を学んでいます。私は、この活動によって釜山大学校の友達を増やすことができています。

前期の履修


休日の過ごし方

 放課後や休日は、授業の課題をして過ごしたり、時間がある時には友達と遊びに行ったりしています。私にとっては、人生で初めて長期間にわたっての海外での生活なので、日本ではできない体験や発見ができるように、様々な場所へ行ってみるように心がけています。韓国人の友達に頼んで、釜山の観光地に連れて行ってもらったり、一緒に留学している辰川さんと行ってみたい場所をリサーチして、自分たちの力だけで行ってみたりして、釜山を探検しています。訪れた場所で、様々な人との関りがあり、とても面白いです。

大学周辺の様子

釜山大学校近くにあるカフェ



国立海洋博物館

釜山の観光ビーチ 広安里


おわりに

 私は、今までに長期的に山口を離れて生活したことがなく、もちろん、海外での長期滞在は今回の留学が初めてです。日本にいる時とは生活環境が異なり、不便だと思うこともいろいろありますが、貴重な体験と多くの学びを得ることができているのでとても充実しています。そんな日々の生活の中で、自分は日本人なんだなぁという感覚も強く感じています。残りの留学生活でも、もっと様々な体験や発見をしたいと思っています。