ラップランド大学(2017年度交換留学生)国際文化学科4年 山根沙千<最終号>


関連ワードで検索する

Kippis!(キッピス!)

 お酒とパーティーが大好きなフィンランド人と一言交わせば仲良くなれる、魔法の言葉がKippis!です。「乾杯」を意味します。世界中には様々な乾杯の言い方があって、中には共通の言葉や似た音の言葉を使う国がありますが、これはフィンランド特有な気がします。発音がしやすくて覚えやすいので、一度使えばすぐに親しみのある言葉になります。
 全ての授業が終わって帰国し始める留学生がいる中、私は帰国するまでに数ヶ月あったので、在学期間ギリギリまで大学で何かできないかと思い、留学の集大成として完全セルフプロデュースのファッションショーを川口さんと行うことを決めました。もちろん授業外のことなので音響からメイク、モデルのキャスティング、会場の確保、司会進行まで全て自分たちだけで企画し行いました。


写真:こだわったヘアメイク詳細とモデルたち

 全て終えてみて、改めて服を作ることの楽しさを感じたのは勿論のこと、自主的に何かやることの大切さと難しさを学びました。与えられてやるのではなく、自ら考えて進んで動く。個々の違った生活の中でも、1つのイベントに合わせて時間をつくり相談し、協力することで初めて上手く回ります。時には連絡が滞ったり、たらい回し状態になったりしてファッションショーの開催すら無理なのではないかと思う時もありました。しかしそんな中でも嬉しかったのが、たとえ急なお願いであったとしても協力してくれる仲間がいたということです。今までしがらみを避けて、自分でやってしまったほうが楽だからという理由で一匹オオカミになることも少なくありませんでした。1人でできる事とそうでない事をきちんと分けて把握し、どうやったら効率的かつ確実に進めることができるか、服を作ることよりもそういったことを考えるほうがはるかに大変でした。その分終えた時の達成感も大きく、川口さんとで号泣しました。本気で挑んで成功した時には自然と感情が溢れ出てしまうんだと知りました。とっても楽しかったです。そして関係者の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。日本からライブを通して見てくださった方々もありがとうございました。

 留学を通して多くの学びがあり、出会いがあり、沢山の幸せを与えて貰いました。文字で表すと何だか照れくさいですし、大袈裟な感じがしますが、本当に毎日が幸せでした。与えて貰ってばかりでしたが、フィンランドで出会った人たちとそういった幸せを少しでも共有できていたのであれば、それもまた私の幸せです。
 Kiitos paljon kaikkille!!!! Olen tosi iloinen!!!!!!