桜圃学術三賞とは


関連ワードで検索する

 本学の研究活動の活性化に資することを目的に、平成11年度に創設した学内特別制度です。
 教育・研究・地域貢献の分野において優れた業績を上げた者を本学教授の推薦により受賞候補者とし、学内審査手続きを経て学長が決定します。
 表彰は下記の3種類で、選考結果を学内外に公表するとともに、授賞式を行い、その栄誉を讃えます。
【表彰の種類】
(1)桜圃教育賞
   教育研究活動分野において、教育方法の開発、教育効果の飛躍的向上等をとおして学生の
  学習意欲、習熟度の向上等に多大な貢献をしたもの
(2)桜圃研究賞
   専門分野で、創造的かつ主導的な研究を行い、専門部会の発展に貢献したもの
(3)桜圃地域貢献賞
   地域と密接にかかわり、地域文化の振興や住民の健康増進に多大な貢献をしたもの、又は
  地域の活性化に寄与したもの

令和3年度の受賞者

分 野 受 賞 者
桜圃教育賞 該当なし
桜圃研究賞 該当なし
桜圃地域貢献賞 国際文化学部 教授 山口 光
[山口県の伝統的工芸品「大内塗漆器」を中心とした伝統産業の保全と産業振興]

看護栄養学部 教授 大前 貴之
[山口県立大学における産学公連携推進体制の整備・推進]
※所属・職位は受賞時のもの

令和2年度の受賞者

分 野 受 賞 者
桜圃教育賞 該当なし
桜圃研究賞 看護栄養学部 教授 曽根 文夫
[温熱ストレスの健康阻害効果の解析とその対応策に関する総合的研究]
桜圃地域貢献賞 看護栄養学部 教授 藤村 孝枝
[山口県における保健・医療・福祉の向上に関する地域活動の推進]
※所属・職位は受賞時のもの

歴代受賞者

桜圃学術三賞(H16~)
桜圃学術賞(H11~15)