1. HOME
  2. 教育を重視する大学
  3. 教育の質向上に向けた取組
  4. グローバル人材育成推進事業
  5. 活動報告

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」第1期生に選ばれました

 国際文化学部文化創造学科3年生の松屋明子さんが、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」多様性人材コースの第1期生に選ばれました。多様性人材コースは、各々の分野や活動において、世界を視野に、社会に影響を与えていきたいという意欲のある人材が行う留学を支援するものです。

 7月7日(月)には、長坂学長へ採用報告に行き、長坂学長から「留学計画書をもとに頑張ってください。」との温かい言葉を受けました。

 第1期生に選ばれた松屋さんは、本学がすすめる「グローバル人材育成推進事業」の中で、世界と日本の地域をつなげ、地域問題を解決する「インターローカル人材」を目指し、本学の学術交流協定校のフィンランド国立ラップランド大学での長期交換留学に臨みます。持前の粘り強さを生かし、「地域と世界をつなぐ役割を担いたいという夢を実現するために、留学を通して、自然に優しいデザインを考えることができ、それが受入れられる暮らしについても学び、新たな暮らしの提案ができる人材(森ガール)になりたい」と意気込みを語ってくれました。


▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube