1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 国際文化学部

農業スタイルコレクション2013 in 長門油谷 with 会津若松

10月13日(日)にラポールゆやで、「農業スタイルコレクション2013」を開催しました。
文化創造学科の企画デザイン研究室と安倍晋三内閣総理大臣夫人の昭恵氏とが共同で、若者に地域に対する関心を持ってもらい、農業従事の楽しさを知ってもらえるような、農作業ファッションの研究開発を行いました。
 

この「農業スタイルコレクション」では、山口の地域素材や世界のテキスタイルを使用しています。
世界のデザインを用いたモンペのリデザイン作品「グローバルモンペッコ」では、本学の学生たちもモデルとして登場しました。
 
■ガーナ共和国
7月には本学にてガーナ出身の方を講師に招いた、公開セミナー「アフリカン・アートセミナー」を開催しました( セミナーの様子はこちら)。
ガーナ1 ガーナ2

■フィンランド
本学とフィンランドのラップランド大学は学術交流協定を結んでいます。
また、「モンペッコ」の名前の由来にもなっているフィンランドのブランド マリメッコでは、本学の卒業生がデザイナーとして働いています。
フィンランド1 フィンランド2

■フランス
山口県出身の画家・高島北海は、アールヌーボーを代表するフランスのガラス工芸家 エミール・ガレに影響を与えました。
フランス1 フランス2

■ハワイ
山口県周防大島町では、1963年にハワイ州カウアイ島との姉妹縁組を行い、今年50周年の節目を迎えました。
ハワイ1 ハワイ2


更に、糸に和紙を使用した着物では、「農業スタイルコレクション」の共同研究開発者でもある安倍昭恵夫人がモデルとして登場しました。
着物の素材には、山口県の伝統織物である「柳井縞」を使用しています。
昭恵夫人1  昭恵夫人2

今回のプロジェクトでは、東日本大震災で大きな打撃を受けた、福島県の農業復興にも思いをはせ、会津若松市との交流も行っています。
素材には、会津の伝統織物「会津木綿」を使用しました。
会津若松1 会津若松2


世界と日本の地域にある歴史的、文化的な価値から、地域の活性化へとつながる機会となりました。

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube