1. HOME
  2. 教育を重視する大学
  3. 教育の質向上に向けた取組
  4. グローバル人材育成推進事業
  5. 海外ショートプログラム

域学連携コンソーシアム 海外インターンシップ体験談(台湾)

国際文化学科3年 塚井 聡美、本光 繭衣

事前研修実施期間 8月18日 ~ 8月21日
インターンシップ実施期間 8月24日~ 9月17日
受け入れ企業名 JTB Taiwan Ltd.

現地での事前研修について

 7月23日に本学で開催された域学連携キャリア形成フォーラムでは、「OTAKU Wedding」と題した、マンガやアニメなどのコンテンツ・ツーリズムに関する企画案の発表を行いました。
 今回のインターンシップ事前研修では、台湾現地の大学や企業・官庁関係者に向けてその企画のプレゼンテーションを行いました。台湾で生活をされている方々の意見は、域学フォーラムでの講評とはまた違った見解でポイントをついたものでした。最初は台湾の”オタク”をターゲット層とするテーマに驚かれている様子でしたが、着眼点としてはユニークで面白いという感想をいただきました。
 講評の中で、様々な視点からのリスクについて考えることの重要性や、”オタク”という言葉に対する印象が人々によって異なることなどをご指摘いただき、とても充実した時間となりました。


左:Kashiwabara Hotai Taiwan Co., Ltd.でのプレゼンテーションの様子
右:國立政治大學の大学院生・教授との交流


日本公益社団法人静岡県国際経済振興会台北弁事処にて

インターンシップについて

 インターンシップ中は1週間ごとに課を移動し、全部で4つの課において実際の業務を体験することができました。業務内容は課によって様々ですが、日本から来られたお客様の空港送迎アテンド、ツアーの内容確認、予約表にミスがないかを確認する原本との照合作業、新ツアー企画のための現地調査などを行いました。
 ツアープランを考案する営業企画課に配属された週は、九份(きゅうふん)や台中などの観光スポットを訪れる機会に多く恵まれ、毎日がとても刺激的でした。旅行代理店の様々な業務を担当することにより、仕事の幅の広さについて理解し、将来の自分たちのキャリアを考える上で大変参考になりました。
 また、職場環境も素晴らしく、職員の方々はとても気さくな方ばかりで、休憩時間に散歩に誘っていただいたり、沢山お話をさせていただいたことで、楽しく業務を遂行することができました。

 この場をお借りして、JTB Taiwan Ltd.の職員の皆様、また現地事前研修での訪問先関係者の皆様に、感謝申し上げたいと思います。


業務に同行し訪れた観光地九份(きゅうふん)の景色

※今回のインターンシップは、グローバル人材育成支援の域学連携コンソーシアム活動の一環として行いました。

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube