1. HOME
  2. 教育を重視する大学
  3. 教育の質向上に向けた取組
  4. グローバル人材育成推進事業
  5. 活動報告

書ワークショップ「釜炒り茶/パッケージ作成」を開催しました

 10月29日(水)、書道を通して釜炒り茶(※生葉から釜で炒って作られたお茶で、香ばしさと口当たりのよさが特徴です。)のパッケージ作成をするワークショップを行いました。

 ワークショップの講師、小野成鶴氏は、山口県を代表する女流書道家の一人で、第17回毎日女流書展での文部大臣奨励賞など様々な賞を受賞されています。県内高校や教室で「自分の顔を持った作品を」という言葉を大切に常に書作を続けておられます。

 木箱の「釜炒り茶」に貼るシールを書道を通してどのように表現することができるか。国内や海外の購入者を視野に入れて作品作りを行いました。

  筆の持ち方を変えたら、どのような書体になるか、とめやはねを工夫することで、書道のもつ美をどう表現できるかなどを学びました。

 最後に各自の作品の中から、それぞれ2枚を先生に選んでもらいました。出来上がった作品をデータ化し、それぞれの作品にします。

<小野先生のお手本と会場の様子>
000 000

<ワークショップの様子>
000 000
000 000 000



<作品の一例>
000 000 000

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube