1. HOME
  2. 教育を重視する大学
  3. 教育の質向上に向けた取組
  4. グローバル人材育成推進事業
  5. 活動報告

高校生の大学見学でグローバル人材育成推進事業を紹介しました

 5月19日(月)、宇部中央高等学校1年生が大学見学のため来学し、本学が進めているグローバル人材育成推進事業について紹介しました。

 最初に森原助教から、グローバル人材育成推進事業で整備した言語専用教室、「LaLabo(アクティブラーニング・ランゲージ・ラボ)」について動画を交えて紹介を行いました。

LaLaboは、speaking, writing, reading, listeningの4つのスキルに加え、総合的な外国語運用能力を習得することを目的として、パソコンを用いて語学強化学習を行う教室です。ヘッドフォンを通じて教室全体の様々な生徒と会話をすることもでき、例えば海外の取引先などと電話をするといった際に必要なコミュニケーション能力も、LaLaboでは伸ばすことができます。

 次に、シャルコフ教授が「グローバル人材とは?」と題してミニ講義を行いました。“グローバル人材の必要性”が書かれたいくつかの新聞記事を全員で声を合わせて読んだ後、グループに分かれて「グローバルな人材とはどういうものか?」について話し合いました。

高校生からは、「外国語が話せる」「フレンドリー」「多文化を理解している」といった人が、グローバル人材ではないかと発議がありました。これを受けてシャルコフ教授からは、語学力があるだけではなく、インターネットの活用能力や、自己評価能力、また日本人としてのアイデンティティを持っている人など、グローバル人材には、世界と日本の地域の課題を理解し、解決策を提案する力が求められるという話がありました。

 その他にも本学が行っているグローバル人材育成推進事業の取組や学生へのサポート体制の説明、グローバル人材として国内外で活躍している本学卒業生の紹介を行いました。

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube