1. HOME
  2. 地域に開かれた大学

レノファ山口FCホームゲームでのブース出展について

 11月12日(土)、レノファ山口FCホームゲームのモンテディオ山形戦にて、本学のブースを出展し、看護学科学生による来場者の健康チェック(アルコールパッチテスト)を実施しました。

 アルコールパッチテストは、エタノールを垂らした絆創膏を腕に貼り、肌の色の変化によってアルコールに対する適応性を判定するものです。これは遺伝子のタイプで決まっており、自分の体質を知っておくことは、飲み過ぎを未然に防いだり、健康管理に役立ちます。

 開始前からブースには来場者の列ができ、先着500名様に用意したレノファ山口FCのマスコットキャラクター「レノ丸」と本学看護学科のキャラクター「桜看ちゃん」のコラボグッズはあっという間になくなりました。



 この日は今年のホームゲーム最終戦でしたが、多くのサポーターの方々がスタジアムに足を運んで、試合前のイベントやグルメなどを楽しんでおり、レノファを中心とした地域の盛り上がりを感じました。また、来場者から「母校なのでいつも応援しています!」など嬉しい声を聞くこともできました。本学の学生にとって地域の方と触れ合う機会となり、また地域のみなさまにも本学を知っていただく貴重な機会となりました。

▲ページトップへ

  • 研究者データベース
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube