1. HOME
  2. 地域に開かれた大学
  3. 地(知)の拠点整備事業
  4. 桜の森アカデミー
  5. 活動報告

平成26年度桜の森アカデミー開講式

 
 
 5月10日(土)に山口県旧県会議事堂で、桜の森アカデミーの開講式を行いました。
 桜の森アカデミーは、県民と学生が一緒に学びながら地域活動に貢献できる人材を育成することを目的とした共生教育講座です。

 式には、長坂学長、加登田附属地域共生センター所長、来賓2名、講師16名、受講者約70名が出席しました。

 式の始めに、長坂学長から、平成25年度の桜の森アカデミーで120時間の講義の履修を終えたマイスターを3名輩出できたことや、今年度新たに開設した「在宅ケアマイスターコース」について紹介がありました。
 次に、加登田所長から、平成25年度の活動報告及び桜の森アカデミーの事業内容の説明を行いました。
 式の最後には、受講生に抱負を語ってもらい、平成26年度桜の森アカデミー開講の時を迎えました。

 平成26年度は、
おもてなしの心で地域観光を支える人材育成のための「やまぐち学マイスターコース」、
育ち合い(愛)の知識と技術を有する人材育成のための「子育てマイスターコース」、
地域の介護力を高め、介護知識と技術を有する人材育成のための「在宅ケアマイスターコース」
の3コースを開講します。
 受講生たちは、講義や実習、フィールドワークなど各コースでの学びを通して、地域に根ざしたマイスターを目指していきます。

▲ページトップへ

  • 研究者データベース
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube