1. HOME
  2. 地域に開かれた大学
  3. 地(知)の拠点整備事業
  4. 桜の森アカデミー
  5. 活動報告

やまぐち学コース 「国際コミュニケーション・スペイン語」

   
 12月15日に山口県立大学桜の森アカデミーの「やまぐち学コース」の科目「国際コミュニケーション(外国語会話)・スペイン語会話」の講座を、県政資料館内の桜の森アカデミーセミナー室で行いました。

 国際コミュニケーションでは、“おいでませ”を世界に伝えると題して、おもてなしの第1歩として外国語で挨拶をしましょうという内容から始まり、ネイティブの講師陣が、外国人とのお付き合いの扉を開き、受講生のコミュニケーション能力を広げることを目的としています。

 講師は山口県国際課国際交流員のホルヘ・ガルエ先生です。
 スペイン語は受講生にとってなじみの少ない言葉ですが、読み方がローマ字読みと似ているためとても身近に感じられたようです。
 また、スペインにある山口県と山口市の姉妹都市・ナバラ州パンプローナ市も写真等で紹介されました。
 

 「国際コミュニケーション」の科目は、スペイン語の他に英語、中国語、韓国語の会話があり、その中から受講生は3か国語を選択しています。同時期に3か国の外国語を学ぶ機会は少ないですが、受講生の皆さんは大変な中でも熱心に受講されています。
 「国際コミュニケーション」は言葉とともにその国の文化や歴史を学ぶこともできる講座となっています。講座を通して、いろんな国の方と話したい、いろんな国のことを知りたい気持ちが生まれ、コミュニケーション能力が増すことを受講生の方は実感されていることでしょう。

▲ページトップへ

  • 研究者データベース
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube