1. HOME
  2. 地域に開かれた大学
  3. 地(知)の拠点整備事業
  4. 桜の森アカデミー
  5. 活動報告

健康づくりコース 「山口の自然を感じよう」

 12月8日(日)に桜の森アカデミーの健康づくりコース「山口の自然を感じよう」を国立山口徳地青少年自然の家にて開催しました。
 この授業は、「子どもと楽しむ健康づくり」をテーマに、自然と触れ合いながら子育て・孫育てのために必要なスキルを身につけることを目的としています。

 最初、アイスブレイクでリラックスした後、ノルディックウォーキングをスタートしました。
 ノルディックウォーキングは、各人の体力、目的に合わせてコースを設定し、沿道の植物や野鳥等の観察を通して自然とウォーキングを楽しむものです。
 まずは、講師の益田美恵先生の指導のもと、2本のポールを使って歩くノルディックウォーキングの基礎を学びました。 
 ノルディックウォーキングは、心肺機能の強化や動脈硬化などの生活習慣病予防に効果があるといった説明を聞いたり、ポールを各人の歩きやすい長さに調節し、体力に合わせてポールを使ったストレッチを行いながら、ウォーキングの準備を進めていきました。  

 昼食後は、午前中に学んだことを活かして、ノルディックウォーキングで森の中を散策しました。       
 
 歩きながら、次のプログラムで作るクリスマスリースに使える材料も集めます。どんぐり、松ぼっくりなど、自然の材料が沢山ありました。
 
 約2.5㎞程歩きましたが、当日は12月とは思えないほど暖かい日差しで、少し汗ばむ程でした。

 ウォーキングの後は、オリエンテーション室でクリスマスリース作りを始めました。
 

 

 山で収集してきた材料を使って、受講生の方それぞれ個性あふれるクリスマスリースが出来ました。  

 最後に今日一日の活動の振り返りです。

 ウォーキング中は常に集団で移動したこともあり、受講者同士が共感しあう意見交換の場にもなりました。 
 「冬の山にもたくさんの魅力がある」、「山中の空気が美味しい」など様々な感想もあり、自然に感謝する一日になりました。

▲ページトップへ

  • 研究者データベース
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube