1. HOME
  2. 地域に開かれた大学
  3. 地(知)の拠点整備事業
  4. 桜の森アカデミー
  5. 活動報告

「サービスデザインを体験!」ワークショップを開催




 11月27日、水谷由美子教授が研究リーダーを務める「ライフイノベーション研究」チームは「サービスデザインを体験!」と題したワークショップを山口ケーブルビジョン株式会社1階で開催しました。

 サービスデザインとは、サービス利用者(生活者)が感じる体験価値を重視して、個々のタッチポイントのデザインにとどまらず、事業としてサービス全体をデザインする行為です。(大日本印刷株式会社Webサイトより)

 サービスデザイン・ラボ(大日本印刷株式会社)から講師4名を招いて行った体験型ワークショップには社会人、学生ら約30人が参加しました。水谷教授の挨拶に続き、講師の山口博志氏よりサービスデザインについての概要説明がありました。

 その後、参加者はグループに分かれ、実際の生活場面に則して、サービスデザインの手法を用いた解決策を話し合い、発表しました。



 

           解決策を協議                       現場をイメージして演技
           


 このイベントを契機に、今後医療や福祉の分野を中心にサービスデザイン導入の可能性について研究を進めて行きます。



 12月7日(土)には、山口ケーブルビジョン株式会社1階で「サービスデザインで生活を変える」と題し、この分野の第一人者である武山政直氏(慶應義塾大学教授)を講師に迎えてフォーラムを開催します。参加自由ですので、ぜひご参加ください。

▲ページトップへ

  • 研究者データベース
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube