1. HOME
  2. 地域に開かれた大学
  3. 地(知)の拠点整備事業
  4. 桜の森アカデミー
  5. 活動報告

やまぐち学コース「やまぐち学各論(1)・人物でたどる明治維新」

 5月17(日)、25日(日)に山口県立大学桜の森アカデミーの「やまぐち学コース」の科目「やまぐち学各論(1)・人物でたどる明治維新」の講義を、県政資料館内の桜の森アカデミーセミナー室で行いました。講師は毛利博物館顧問 小山良昌先生です。
 
 この講義では、平成30年に明治維新150年という節目を迎え、また来年はNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の放送が決定し、山口県にも注目が集まっていることから、長州藩第13代藩主毛利敬親公と明治維新の精神的指導者吉田松陰などについて学びました。
 当時の歴史の舞台に思いをはせ、情景が目に浮かぶような講義に、受講生は熱心に耳を傾けていました。また、そうだったのかと今までの謎が解けた受講生もいたようです。
 明治日本の創設へ影響を与えた人物でたどるこの講義は受講生にとって今後、語りつぐ「私のやまぐち」のひとつになることでしょう。
 
 
 

 今後もやまぐち学の「人物でたどる明治維新」では、維新に関わった人物にスポットあてて学んでいきます。
 

▲ページトップへ

  • 研究者データベース
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube