1. HOME
  2. 地域に開かれた大学
  3. 中山間地域づくりサポートセンター

平成27年度大学生等による地域づくり支援活動情報交換会

 県と中山間地域づくりサポートセンター(山口県立大学)では、中山間地域の元気を創出するため、県内外の大学等による中山間地域の課題解決ための支援事業を実施しています。

 2月21日(日)には、本学看護キャンパスで、支援活動の内容の周知や活動のレベルアップを目的とした「大学生等による地域づくり支援活動情報交換会」を開催しました。


 今年度は、参加大学の学生をはじめ地域団体の方など、県内外から約120名が集い、各プログラムを通して交流を図りました。


 基調講演では、「地域をもっと魅力的にする5つの方法」と題し、本学国際文化学部の斉藤理准教授から、地域づくりを進めていく手法について、これまでの取組事例を交えながらお話いただきました。


 ポスターセッションでは、参加大学が行っている取組みについて紹介展示を行いました。それぞれの大学の特徴ある内容に対し、活発な質問や意見が交わされ、会場は熱気であふれていました。


 事例報告では、今年度で活動が終了する3大学からこれまで進めてきた取組と成果について紹介がありました。


 (1) 魅せます!明木プロジェクト(山口県立大学)
 (2) 文化的景観「秋吉台ドリーネ畑」の整備・保全(山口県立農業大学校)
 (3) 束荷地区夢プラン策定基礎調査プロジェクト(山口県立大学)

 地域の方から、活動への感謝と今後についての決意の言葉をいただく場面もあり、参加者にとって充実したプログラムとなりました。

▲ページトップへ

  • 研究者データベース
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube