1. HOME
  2. 図書館・センター
  3. 郷土文学資料センター
  4. 鷺流狂言特別公演

2014年度 鷺流狂言特別公演


2014年度の鷺流狂言特別公演は以下の日程で開催いたしました。

■日時 1月25日(日) 14時開演
■会場 山口県立大学講堂(桜圃会館)

2014年度ポスター「鷺流狂言in山口県立大学」

船(ふね)ふな

 「船」の字は「ふね」と読むのか「ふな」と読むのか。主人と冠者のユーモラスなやりとりが繰り広げられました。

トーク&ワークショップ

 演者に狂言の基礎を分かりやすく解説していただきました。
 ワークショップでは、本学の学生も登壇し、鷺流狂言の体験等を行いました。



 また、休憩時間には、ロビーにて稲田 秀雄教授(附属郷土文学資料センター長)による資料解説も行いました。

颯果(さっか)



 詐欺師にだまされた太郎冠者でしたが、その詐欺師をも凌駕する天然ぶりを発揮し、場内は爆笑の渦でした。

狸騙(たぬきだまし)

 演者・米本文明氏による完全新作、しかも今回が初演という本年度公演の目玉の一つでした。

 狸をだましおおせたと思いきや、最後には逆にだまされてしまうという化かし合いの妙を描く、狂言らしい笑いに満ちた作品でした。
 今後も様々にアレンジされていく可能性があるそうで、参加者はまさに生きた芸能を堪能しました。


 たくさんのご来場に心より感謝いたします。来年度も、ぜひお越しください。

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube