1. HOME
  2. 図書館・センター
  3. 郷土文学資料センター
  4. 鷺流狂言特別公演

2011年度 鷺流狂言特別公演

2011年度の鷺流狂言特別公演は以下の日程で開催されました。

日 時 平成24年1月22日(日曜日)
会 場 山口県立大学講堂(桜圃会館)

多数のご来場、まことにありがとうございました。




2012年鷺流狂言アンケート集計(HP掲載許可あり)
・狂言は初めて見ました。そんなに難しい言葉もなく、リズムも良かったので、話に入り込みやすく、とても楽しめました。3つとも面白かったです。伝統を継いでいくことの大切さも感じました。ありがとうございました。[女性・10代・学生]
・すごく面白かったです。授業では聞いていましたが、こんなにわかりやすくて面白いものだとは思いませんでした。また、機会があれば、行きたいです。[20代・学生]
・解説がとっても良くって楽しく観せて頂きました。ありがとうございました。[60代]
・今年もすばらしいステージでした。役者さんが上手で、どの演目もとても楽しめました。カンパ箱があれば是非幾らか寄附したいと思います。衣装代その他の足しにしてください。
・狂言の奥深さを十分味わうことが出来た。[男性・60代・社会人]
・伝統芸能を身近な物にしてもらった。今後も継続して実践して欲しい。[男性・60代・そのほか]
・衣装が美しい。図案のモチーフが面白いです。限られた空間でこその演出会をかさねる度に興味深く観覧いたしました。
・以前大蔵流を見て、狂言は少し知っていましたが、鷺流との違い表現がよくわからない状況です。狂言の良さはよくわかり、庶民文化、芸能として大切な物だと感じました。鑑賞+伝承ということを考えればもっと小・中学校にPRした方がよいのではと思います。例えば公演に際し小・中学校へDVDの鑑賞なり公演に先立ち狂言入門講座もあればより親しみが感じて、地域文化の拡大につながると思います。[男性・50代・社会人]
・時には山口大学で公演してほしい。[女性・60代・そのほか]
・小学校に公演で狂言師の方が来て下さって以来、久しぶりに狂言を見ましたが、昔よりも言葉が理解できて(聞きとりやすく)、楽しむことができました。鷺流の特徴がまだまだ掴むことができず、自分の反省点です。衣装の模様(柄)も素敵でした。枯れ伏に小学校・中学校の同級生が出演していてとてもビックリしました。声の出し方や表情が上手でした。[女性・20代・学生]
・狂言というものを初めて見た。何を楽しむものなのだろうと、狂言に対して堅いイメージを持っていたが、笑い話のようなもので、面白かった。[女性・10代・学生]
・昨年能楽堂での開催がありましたが雨のため行けなく残念にしておりました。本日はお招きありがとうございました。やはり屋内公演の方が私ども年を重ねる者にとっては何かと都合が良く…。勝手を申してすみません。公演前の説明が分りやすく、とてもよかったです。鈴木さんの声がとてもよかった。[60代・そのほか]
・「不毒」は知っていたので多少言葉が分らなくても楽しめました。笑えるところがたくさんあって面白かったです。
「柿山伏」は山伏がいろいろな動物のマネをさせられるのが面白かったです。モモンガのまねがすごく楽しかってです。この話もわかりやすくて、話が伝わりました。
大変失礼ですが、今まで狂言には退屈なイメージしかありませんでした。ですが、実際見てみるとすごくおもしろくて、見はまってしまいました。見に来てよかったです。[女性・10代・学生]
・狂言などの伝統芸能に対しては敷居が高いというようなイメージを持っていましたが、とても軽快で笑いを誘うものでした。今後は伝統芸能鑑賞に積極的に出かけていきたいと思えました。良い機会を設けて頂きありがとうございました。[女性・20代・学生]
・昔の落語のようなものかと思いますが、演目を現在の面白い題を取り上げ狂言流で表現したら面白いかと思います。[男性・70代・社会人]
・(皆さんの思いを代表して)稲田氏のお話がなければもっと楽しめる。保存会の皆様方にはどうぞ未来へと引き継ぐ役割を是非極めて頂きたいと思います。お疲れ様でした。何時も楽しみに拝見しています。
・何回も観させて頂いている内に言葉の分る所がだんだんと増えてきたものの全部分るわけでもないのに面白い。[男性・50代・社会人]
・米本太郎さんに私共の学校に来ていただき、子ども達に狂言の指導をしていただきました。子ども達はその教えをがんばって学び、発表会で柿山伏を見事に演じました。狂言の面白さを身を持って感じることができ、誠に感謝しております。
 今日はさらに狂言のことを知りたいと思い観に来させていただきました。どの曲目もとても楽しく拝見させていただき、来て良かったです。これを機にさらにいろんな曲目観てみたいなと思いました。そして今年も是非本校に来ていただきたいと思いました。米本さんが最後に言われた「無形の文化財」という言葉が誠に心に残りました。
・狂言を観ることは和泉流も合わせると2度目であったが、声の出し方や舞台の使い方、狂言内に舞を加えているところなど、狂言によって様々な差異があり、面白かった。また、「柿山伏」や「盆山」にも「鳴かずばなるまい」や「やらずばなるまい」と同じ表現があり、動物の鳴きマネは現代と違っており、趣があった。今回の狂言は1つも見たことがなかったが、笑えるものが多くて、「引括」は予想通りの展開になって面白かった。
・初めて鷺流狂言を見ました。難しい言葉が多くて何を言っているのかわからないこともあったけど何となく内容も伝わってきたし、それだけの表現力があるってすごいなと思いました。とてもシンプルなものだけど細かい決まりや、流派の違いや稽古や、着付けまで、私たちが知らないところでたくさんの練習や勉強をしているんだろうなと思いました。また講演してほしいです。とてもおもしろかったです。
・取り上げられている物語の内容が理解しやすく、面白かったが、声が聞きとりにくかった。(特におじいさん)[女性・10代・学生]
・現在のお笑いブームには無い、日本人の心の琴線にふれる、おだやかな笑いが狂言にはあると思います。この貴重な鷺流狂言が良い後継者を得て今後とも継続、発展することを願っています。県大でしていることをもっとPRすべきだと思います。また、一つの元から派生したと言われている「能」と「狂言」の違いや発展の経緯などを解説していただければと思います。[60代・社会人]
・「柿山伏」がよかった。暖房があまりきかなくて、いささか寒かった。[男性・70代・社会人]
・和泉・大蔵流見慣れているので、少し大人しすぎる印象でした。素朴な演技は好感が持てましたが、もう少しメリハリがあってもいいのでは、と思いました。(これは鷺流の特徴でしょうか?)謡やカマエ・ハコビ・も今ひとつ小舞にも緊張感が無く、話の盛り上がりが感じられないまま終った印象です。年間の上演回数が少ないのはとても残念です。初見ですが予想を上回って楽しめたので見る機会がもう少し多ければ、と思います。お忙しい中の上演で大変かとは思いますが、今後の取組みを楽しみにしています。[女性・20代・社会人]
・林英治様の凛としたお姿に感動いたしました。[50代]
・米本兄弟と鈴木君に頑張ってほしいです。『半銭』見たいです。[女性・40代]
・転勤で山口市に来て10日目なのですが、狂言というものを始めて見ました。3つの曲目、おもしろかったです。解説やパンフレットがあった事が伝統芸能の勉強にもなります。また、色々な文化に触れていきたいと感じる1日となりました。[男性・30代・社会人]
・機会があれば他の流儀も見てみたいです。[女性・10代・学生]
・能狂言の講演でこんなに若い観客が多いのはめずらしいですね。山口市民の伝統芸能への関心の高さがうかがえるようです。[男性・40代・社会人]

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube