1. HOME
  2. 図書館・センター
  3. 郷土文学資料センター
  4. 鷺流狂言特別公演

2009年度 鷺流狂言特別公演

鷺流狂言 秋の特別公演 in 山口県立大学
■日 時 2009年11月23日(月曜日)祝日
    13:30開場 14:00開演
■会 場 山口県立大学講堂(桜圃会館)
■プログラム/「清水」他2番(予定)、狂言ワークショップ
■出演/山口県鷺流狂言保存会
■解説/稲田 秀雄(国際文化学部教授)
・主催/山口県立大学国際文化学部
・共催/山口県立大学郷土文学資料センター
■料金/無料

 2009年11月23日(木)、郷土文学資料センターは、文部科学省現代GP(地域活性化)支援事業の一環として「鷺流狂言 秋の特別公演 in 山口県立大学」を国際文化学部と共催しました。500名の方に、山口県立大学講堂(桜圃会館)まで足をお運びいただきました。この場を借りて、鷺流狂言保存会のみなさまとご来場のみなさまに御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

公演の感想

 郷土文学資料センターでは、講演に足を運んで下さったみなさんに講演の感想を伺っております。そのなかから、資料センターウェブサイトでの公開について、同意をいただくことができたものを、以下にご紹介いたします。
 
狂言は初めて見ましたが、とても面白かったです。もっと分かりにくいかな・・・と思っていましたが、「動き」でも伝わってきて、とても分かりやすかったです。こういった機会がまたあればと思います。[男性・20代・学生]
 
曲目紹介、プログラムに書いたものを読めばわかるので、説明が長いし言葉がはっきりしなくて聞き取りにくかった。[女性・70代]
 
高校生の時に能の経験をしたことを思い出しながら鑑賞させていただきました。忘れていた古語も思いだし、笑う所がわかったのでとても楽しかったです。[女性・20代・学生]
 
「昔のもの」というイメージがあったので、楽しめるか正直不安でしたが、素直に笑うことができました。また、衣装を実際に着ている方を見て、どのようなものでできているのかや、どのように着るかなど、裏の事もしることができ貴重な経験をすることができたと思います。[女性・20代・学生]
 
衣装をつけて行動する難しさを教えてもらい、演者さんの御苦労が理解できました。和服で鑑賞される方も見られ、「あ~日本や~」と感じました。[女性・60代]
 
狂言と聞くとかたくるしいイメージがあったけれど、今日実際に見させて頂いて、そのイメージが変りました。最初の解説で内容が分かっていたので楽しんで見るができました。保存会のみなさんには、これからも頑張って頂いて、素晴しい伝統を後の世にも残していってもらいたいです。[女性・20代・学生]
 
静かに聞くものかと思ってガマンしていたけど、笑っても良いんだと分かって楽に観ることができた。吉本新喜劇を見ているみたいで楽しかった。[女性・10代・学生]
 
小学生の時、学習発表会で狂言「附子」を演じました。自分達で肩衣などを作って着て演じましたが、今日はワークショップで本物の装束の着付を見ることができてとても嬉しかったです。私も着てみたかったです。鬼瓦には私の出身地の飛騨の匠が出てくるので、親しみを持っています。とても好きな一曲です。清水と文荷は初めて観たのですが、とてもおもしろかったです。最近「お笑いブーム」のようなものがありますが、現代の笑いよりも、狂言の笑いの方が安心感もあり私は好きです。これからも狂言に親しんでいきたいです。[女性・20代・学生]
 
人の恋文を見るなど本当は最低なことなのだが、破いてしまった手紙を風の便りに乗せると言い出して扇であおぎ出す太郎冠者、次郎冠者は憎めなかった。どの演目も冠者がお茶目で可愛かった。[女性・20代・学生]
 
昨年の講演にとても楽しく分かりやすかったので今日の会にも参加させて頂きました。解説があり、とても気持ちの良い時間でした。毎回楽しみにしています。[60代・そのほか]
 
大学の「地域文化との連携及びその発信」の観点から素晴しい企画である。解説・着付け・動きetc 大変に面白いものでした。観客数がもっと多ければと思いました。楽しいでしたから…。[60代]
 
狂言を見るのは2回目で、今回の鷺流狂言は現代語が多く聞き取りやすかったです。笑いもたくさんあって楽しく鑑賞することができました。山口ならではの狂言を見ることができて貴重な経験となりました。[女性・10代・学生]
 
ワークショップは初めて知ったことが多くとても参考になりました。私は大内塗教室に通っているので、時々鷺流狂言の方々の練習をお目にかけることがありますが、とても和気あいあいとした感じで、この雰囲気が保存会を楽しみにしているお客さん、保存会の方々に行き渡っているのだなあと思いました。*講堂内がすごく寒かったです。[女性・20代・社会人]
 
貴重な経験をありがとうございました。衣装の着付けや種類など気になっていた点もあったので勉強になりました。「鬼瓦」は以前見た時と演者が違い、細かいところが違ったのが興味深かったです。[女性・10代・学生]
 
11月14日のGPでも鬼瓦を見ましたが、今回も面白かったです。着付けを見られたのはとても良かったです。意外と自由に演じられているんだなあと思いました。面を使った曲目が見られて良かったです。[女性・20代・学生]
 
ワークショップがたいへん楽しかったです。衣装についての説明が興味深かった。前回拝見して太郎冠者の絵の意味があるのか不思議でしたが、本日「何の絵でも良い」との説明で、今後違った絵柄に出会えるのかと楽しみになりました。保存も大変でしょうと思いますが-。[女性・40代・学生]
 
衣装の着付けの仕方が見れて良かったです。狂言をするためには衣装を着せる人材も大切なんだなと思いました。初めて狂言鑑賞をしたのですが、話の内容もわかったのでおもしろかったです。[女性・10代・学生]
 
衣装の着付けを初めて見せて頂きました。名称なども詳しく解説して下さり、舞台だけでなく裏方の一部も見られ、今後違った面からも鑑賞させて頂きます。[60代・社会人]
 
狂言を実際にみたのは初めてでしたが、とても親しみやすく時代を超えて笑うことのできる演技や台本の構成に非常に感動しました。[男性・20代・社会人]
 
10月の公演を野田神社で拝見し、全国でも2ヵ所でしか残っていないと知り、大変驚き同時に山口に残してくださったことに誇りと感謝でいっぱいです。歌舞伎も見ますが、狂言も笑えて楽しく大好きです。[女性・60代・社会人]
 
演目がたくさんあるのに驚きます。文荷はなかなか知識がないと十分に楽しめない高度な感じ(?)でしたが、先生の御説明があっておもしろかったです。ただ、女性の方の狂言はあまり笑えません。謡はすばらしかったです。[女性・30代・同窓生]
 
武悪の面が作者によってそれぞれ違うことを知り、面白いなと思いました。着付けを見れてとても良かったです。視野が面を付けると狭くなりとても大変だと思いました。お話がとっても面白かったです。伝統芸能をこんなにも間近で見ることができ、とても良かったです。た機会があれば見たいです。[10代・学生]
 
ワークショップで着付けの方法が見れたのは嬉しかったです。モデルが男性の方がよかったかも・・・。[女性・40代・社会人]
 
熟練された芸能を拝見することができ大変楽しむことができました。また機会がございましたら幾度でも拝見したいと存じます。[女性・70代]
 
演目の取り合わせもよく、ワークショップも大変良かった。親しみも増し、良い試みと感じた。曲目の解説が事前にあるのは良い。[男性・60代・社会人]
 
狂言と聞いた当初は堅苦しくとっつきにくいイメージがありましたがリズミカルな言い回しや色どり豊かな衣装など見ていてとても楽しめました。太郎冠者、次郎冠者の動作がかわいらしかったです。[女性・10代・学生]
 
伝統文化の一端に触れること4回目、コチコチの理系人間で過してきた70男が、その魅力に引き込まれている。特に今回はワークショップで衣装の紹介があり、楽しめた。山口の地にこういう伝統が復活維持されているのは誇らしいことだと思う。[70代・そのほか]
 
時折古語があるが、内容として分かるもので楽しかった。解説も分かりやすくてよかった。ワークショップは初めての経験でしたが親しみやすく勉強になった。[女性・30代・社会人]
 
小学校の時、国語の教科書に狂言が載っており実際にそれを演じたことがあります。小さかったながらも、とても楽しかったので今日はとても楽しみにしていました。珍しい鷺流狂言が我が校でお目にかかることができて本当にラッキーです。すばらしい日本の文化が消えないよう永続して欲しいです。[女性・10代・学生]
 
唯今のところ感動のみですが―― 期待しております。[女性・70代・そのほか]
 
ワークショップで着付け、狂言の3つのポイント①構え②すり足(特に小指で進む)③ターン、せりふなど、狂言を理解するに必要なことが楽しくよくわかりました。狂言はみる機会が少なく積極的には理解するまでに至りませんでしたが、今後は興味をもってみることにします。[60代・学生]
 
津和野から参りました。遅れましたので最初から観れずに残念です。津和野には鷺舞があります。鷺流と名付けられたのはどんな理由ですか。大内氏共々何か関連がありそうですね。主人と太郎冠者の台詞がシンクロして場合転換するのは斬新です。娘共々、こんな豊かな時間が過ごせるのはありがたいことです。[男性・40代・社会人]
 
ワークショップはとっても勉強になりました。半襟で主人は赤色など決まり事が分りました。着物のことも‥。[女性・50代・社会人]

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube