1. HOME
  2. 学生がきらめく大学
  3. きらめく学生たち

防犯ボランティア団体「桜SA」が山口県警察から表彰されました

本学学生5名で構成された防犯ボランティア団体「桜SA(桜畠セーフティ・アクティビティ)」が、H26年6月21日にC.S.V.A(サイバー犯罪被害防止ボランティア)活動で山口大学と共同で表彰され、 山口県警察より感謝状を受け取りました。
桜SA代表の佐上礼人さん(社会福祉学科2年)が、長坂学長に報告するため、学長室を訪れました。

サイバー犯罪とは、 「コンピュータ技術及び電気通信技術等の情報技術を利用した犯罪」をいいます (山口県警察ホームページより抜粋)。
彼らは警察官から直々にサイバー犯罪に関する事前講習を受け、安全な範囲で活動しています。
普段の生活の中でインターネットはとても便利な反面、サイバー犯罪が増え、被害に悩む方も多くなっているそうです。

長坂学長は功績を称え、「今後も防犯啓発活動を頑張ってください。」
と声援を送りました。

「微力ですが、自分たちに出来る事をしていきたい」と、防犯ボランティア団体として頼もしい姿を見せてくれました。


  

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube