1. HOME
  2. 学生がきらめく大学
  3. ボランティア窓口
  4. 活動報告

平成25年度大殿地区人権学習のつどいに留学生が参加しました

大会テーマを「人として共に生きる喜びあふれる大殿のまちづくり~自分の中にある人権感覚を磨く~」とし、大殿地区人権学習のつどいが開催されました。
[プログラム]
・開会
・意見発表(大殿小学校児童、大殿中学校生徒)
・対話形式による身近な人権について(講師:藤井 勝彦氏、協力:地域住民の方、本学留学生)
・人権宣言
・アトラクション(銀の鈴、大殿小学校合唱団、参加者全員による合唱)
・閉会

藤井勝彦氏がお話しされた「対話形式による身近な人権について」の中の、体験発表という場面で、本学の留学生(中国)が参加し、日本に来て感じたことについて6分程度のスピーチ発表をしました。
国が違えばマナーも変わります。日本に来て、文化の違いから恥ずかしい思いを何度もしたそうです。しかし、その度に周りの方の優しさに助けられたとか。
「私が悪いのではない!」とそっぽを向くのではなく、
「そうなんだ。もっと勉強しよう。」と謙虚ながら前向きに物事を受け止める留学生の姿勢に、参加者からは温かな笑顔と拍手が送られました。
 

講話の中に、Belief【信じ込み・思い込み】についてのお話がありました。人の可能性にブレーキをかけるBeliefもあれば、人生をパワフルに引っ張るBeliefもあります。
人生を豊かに過ごしていくのに大切なのは、プラスの作用をもたらすBeliefの活用と、他人とのコミュニケーションが重要なのだと、留学生と共に学びを深める1日となりました。

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube