1. HOME
  2. 学生がきらめく大学
  3. きらめく学生たち

(独)国立青少年教育振興機構から表彰されました [ボランティア活動]

岸本真悠子さん(看護学科4年生)が熱心に取り組んできた国立山口徳地青少年自然の家でのボランティア活動が称えられ、同施設の江﨑俊光所長より表彰状を受け取りました。
 

岸本さんは1年生の頃からTYC(徳地野外活動クラブ)というサークルで熱心に活動をしてきました。
部員は5月に研修を受け、資格を得てから国立山口徳地青少年自然の家を拠点とし、子どもたちを対象とした様々な事業にボランティアとして携わっています。
「活動で初めて自分が担当した子どもたちの班はとても仲が悪く、班を解散するか否か悩むほどでした。」
と、岸本さんにとって一番印象的な体験を話してくれました。
「リーダーとして何度も班で話し合い、子どもたち自身が問題を乗り越えてくれることを諦めずに根気強く訴えました。最後には子どもたちから「この班になって良かった!」という声を聞くことが出来、また感謝の言葉をもらって以来、活動に没頭していくようになりました。」
この言葉には、楽しいことだけでなく、苦難を乗り越えたからこそ得られる感動が詰まっていました。
また、同じく熱心に活動してきたサークルメンバーと共に頂いた表彰状だと思っていますという言葉に、サークル内の絆の深さを見ることが出来ました。


本学の学生支援部、松田理学生支援部長からも、
「他者のために一生懸命何かできる人は素晴らしい人です。卒業後も、岸本さんのその素晴らしい人柄を活かし、活躍されることを願っています。」
とエールが送られました。
 

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube