1. HOME
  2. 学生がきらめく大学
  3. ボランティア窓口
  4. ボランティアに興味のある学生へ

『ボランチ!』を開催しました!

新企画です!

2013年5月8日

  • 日時 2013/05/08(水)
  • 会場 本館前芝生

雲一つない晴天に恵まれた本日。
ボランティア窓口が主催する新しい試みの『ボランチ!』が開催されました。


『ボランチ!』とは、ボランティアとランチを合わせた造語で、
ご飯を食べたり、持ち寄ったお菓子やジュースを飲食しながら
お互いのボランティア情報を伝え合える交流の場です。

「ボランティアやってる人じゃないと来てはいけません!」
ということは決して無く、
「お菓子食べてお喋り楽しんでいきなよ。」
くらいの気軽に集まれる場所になればいいなと考えています。


今回集まったメンバーは、
「今度イベントやるんですよ♪」
と、教えてくれたり、
「自分が関わってる活動のメンバーを見つけたくて(^^)」
と、楽しそうに笑顔を浮かべていた学生もいれば、
目が合った時に手招きされた学生、歩いていたところを捕まってしまった学生まで色々(笑)。

理由はどうあれ、集まったらこの笑顔です。


雑談の中で、
「え?教職に興味あるの?子ども好き?じゃあこんなボランティア依頼が今あるよ!」
など、その場で新鮮な情報をお伝えできるのもボランチの良いところです。


少しづつ人が集まって、ワイワイ賑やかになっていって、とても楽しい時間が過ごせました。



昨年度、私は色々な活動に参加させていただきました。
そんな中で耳にしてきたことは、活動の楽しさだけではありません。
メンバーの獲得に悩む声、活動の素晴らしさを訴える機会がないこと、
興味はあるけど踏み出すきっかけがないことや、ボランティアに対する認識の違い、誤解など。

「何か解決するきっかけづくりができないかなぁ?」
と、漠然と思っていたところ、
ぶちボラYP勇気メンバーが宮野中学校で講話させていただいたときに、
被災地で「お茶っこ」という交流の場を作ったと聞いたとき、場を作る大切さに気づかされ、
ボランティアに関するそういう場を作ろうと思いました。(http://www.ypu.jp/kagayaki/20130312.html  

そうなると、次はどんな場所にしたいかを考えました。

ボランチはラフに、気軽にというのがポイントです。
それは昨年度開催した講演会、「ボランティアってなんだろう?」で講師の豊川氏が言われた
「ボランティアを始めるきっかけは何でもいいと思います。」
という言葉を、自分なりに考え、アレンジした答えです。(http://www.ypu.jp/kagayaki/20120704.html 


生まれたばかりの企画ですが、
今後皆さまにアドバイスをいただきながら
末永く愛され、役に立つ企画に成長していくことを願っています☆ミ
 

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube