1. HOME
  2. 学生がきらめく大学
  3. ボランティア窓口
  4. 活動報告

ひなまつり国際交流会に参加しました!

「ひなまつり」で国際交流!

2013年3月6日

  • 日時 2013/03/02(土)
  • 会場 周南市新南陽ふれあいセンター

周南国際交流児童クラブが主催される毎年恒例のイベント、
『ひなまつり国際交流会』
に参加させていただきました!

山口県国際交流協会の助成金事業でもあるこのイベントは、
毎年多くのアメリカのファミリーや、日本の家族が参加し、
「ひなまつり」を通して日本文化を体験したりと、
とっても楽しく文化交流できるイベントになっていました。


参加者も今か今かと待ちわびています♪


開会式が始まるまでの時間を使って、
今回、ボランティアとして参加している中高生ともしっかり打ち合わせ中。
特に大きなイベントでは、スタッフ側の連携が大切です。
大学生のお姉さんとして、しっかりリードしようと頑張っていました。 


そして開会式が始まりました。
「ひなまつり」なので、赤い着物を着た
周南国際交流児童クラブの女の子が二人で司会進行をしました。

日本語と英語で交互に進行していましたが、
小学生とは思えないほど、きれいな英語の発音に大人はビックリ!


また参加者は着物を着て、イベントを華やかに盛り上げていました。
大人の和装の美しさはもちろん、子どもたちの着物や帯の締め方は、
見ていてまったく飽きないくらい、多くのデザインやパターンがありました。


歓迎の気持ちを込めて、
日本の子どもたちが「ちょうちょ」や「さくら」の音楽に合わせて舞踊を披露しました。
写真は着物の袖をヒラヒラと振り、「ちょうちょ」を踊っているところです。
控室では本番ぎりぎりまで先生に踊りの指導をしていただいていました。


子どもたちの可愛い舞踊の後は、いよいよ学生ボランティアの出番です!
A~Fまでの6チームに分かれ、
・舞踊体験
・茶道体験
・習字体験
・着物体験
・日本の遊び体験
を順番に体験します。
時間内に楽しく、すべて体験できるようにサポートするのが彼女たちの役目です。


アメリカのファミリーとのコミュニケーションは英語になります。
「自分の英語力を試したい、もっと上手になりたい!」
と、自分から率先してコミュニケーションをとろうとする学生もいれば、
「英語はあまりできないけど、何とか彼らに伝えたい!コミュニケーションをとりたい!」
と、その場で色々な方法を試みている学生もいました。
誰もが一生懸命サポートしていました。


 

そんな気持ちが通じるのに時間はあまり必要なく、
着物体験を楽しんでいる方たちと4ショット(^^)


子どもたちともこの通り♪


また茶道体験では、お茶室で本格的な体験をさせていただきました。
一つ一つの動作が美しく、お抹茶にお湯を注いだときの緑の鮮やかさが印象的でした。


お抹茶ができる前に、お菓子をいただきます。
口の中に広がる甘さを堪能しながら出されたお抹茶を飲みます。
茶道でしか味わえない日本の楽しみ方に、皆さんご満悦でした。


ちなみにこの時に使われた器はこちら↓。
お内裏様とお雛様が描かれたこの器も、日本のおもてなしの文化ですね。


そして着物を着た子どもたち。
よく見ると和風のお化粧をしていました。
眉と目じりと唇に注した紅がとても美しかったですよ。


別の会場では習字を体験している少年が。
漢字と平仮名を使ってとても上手に文を書いていたのですが、
日本語は聞くことも話すことも出来ないとか。不思議です・・・。


日本の舞踊も体験しました。
ゆっくりと優雅なあの動きは、実際に体験してみると
かなり疲れるということが分かりました。
日本の美は奥が深いです。


「ももたろう」の紙芝居も披露されていました。


日本語と英語、交互にお話をされていたので、
「日本語の内容と、英語の内容って違うの?」
と学生に聞いてみると。
「やっぱり表現とか、違うところがありますよ。」
と教えてくれました。


お話が終わったら、なんと「プチモチまき大会」がありました。
「やったことあるんですか?」
と聞きたくなるくらい、自然に見慣れた光景になりました。
しかし、お餅の食べ方を知っている人はもちろん少なく、
「どうやって食べるの?」
と聞いているファミリーに、
「トーストして食べてみて!」
と教えていました。
お餅は美味しく食べていただけたでしょうか・・・?


 

遊びの部屋では、
「はないちもんめ」「おりがみ」「羽子板」
などの遊びをしました。
すべて遊びつくしたあとは、学生のアドリブで
「へびとび」をはじめ、紐一本で出来る遊びを楽しみました。


 

お腹がすいたらランチです!
パエリア、グラタン、餃子と美味しい盛り合わせ♪
国際交流員の方たちも手伝って、とても美味しいランチをいただきました。
子どもたちはおかわりしたくてしょうがなかったみたいです。


「いただきます。」
「ごちそうさま。」
の挨拶に興味を示したアメリカの方もいらっしゃいました。



最後は全員で記念撮影です。
人数が多く、フレームに収めるのに一苦労でした。


しっかりこちらに笑顔を向けてくれる学生たち。
みんな前向いてますよ(笑)


私も学生からお餅のお裾分けを貰いました。
帰って美味しくいただきました♪


仲良くなったボランティア参加者と、国際交流員の皆さんとで記念写真です。
来年もまた一緒に活動できるといいねと、別れを惜しんでいました。


帰りのバスでは興奮が冷めず、活動を振り返りながらの話が尽きませんでした。
学生たちは今回出会った方たちと活動後も連絡を取り合い、
今でも交流を続けているようです。




☆★☆ 本日のおまけ ☆★☆











 

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube