1. HOME
  2. 学生がきらめく大学
  3. ボランティア窓口
  4. 活動報告

RTJプロジェクトが始まりました!

RTJ歓迎行事に参加しました!

2012年10月26日

  • 日時 2012/10/26
  • 会場 山口市白石地域交流センター

今朝、RTJプロジェクト中に使われる名札デザインを担当した学生から、
「出来ました!」
と、完成した名札を受け取りました。

色は男女どちらでも使え、また今の時期、
葡萄・薩摩芋・秋茄子といった紫のイメージのものが多いので、
日本の伝統色である、『葡萄色‐えびいろ‐』を選んだそうです。

また伝統的な形状を使用したいという思いから、
昨年度、先輩達がデザインした大内菱をアレンジし、
さらにニックネーム欄には水蒸気のわき立つ様を表している『立ち湧(たちわく)』を、
背景には『縞』を意識したストライプを使用しています。



デザインをした学生は、昨年度もRTJプロジェクトに参加した学生と
意見を交換し合い、互いに良い物を作ろうと頑張ってくれました。

また、デザインをする中で、普段私たちが口にしている国名は、
正式な名前ではないことを知ったり、
また初めて見る美しい国旗のデザインに、感動したことを話してくれました。


そんな名札を携えて、学生たちは招聘者の方たちをお出迎えすべく、
歓迎行事の会場へ!


 
 
 


主催者の挨拶を真剣に聞きながら、いよいよ活動が始まったことを
実感しました。


紹介ごとに、各国の挨拶を披露してくださった招聘国の皆さん。
ユニフォームも各国独自のデザインで、とても素敵でした!
 


紹介が終わった後は、早速の異文化交流。
日本の伝統和楽器の尺八と箏で、美しい和音を奏でてくださいました。
招聘者の中には、ずっと記録を撮り続けている方もいれば、
足でリズムをとりながら耳を傾けている方もいました。
 

その後、参加国を代表して、モンゴルの皆さんが
アイスブレイク効果のあるゲームを、
「みんなでやりましょう♪」
と呼びかけ行ったり、歌を披露して会場を盛り上げてくれました。
 

 
 

また日本の伝統芸能ともいえる「ひょっとこ踊り」を皆で踊りました。




日本人の私たちの中にも、初めてひょっとこ踊りを見たという方も多かったのではないでしょうか?
かくいう私もその一人でした。

軽快なのに、ちょっと間の抜けたような独特なメロディー。
一気にその世界観に引き込まれ、
「なんだか可愛い♪」
と会場は笑顔に包まれました。



解散し、皆がバスに移動する中、
「参加国を代表して、是非お礼が言いたい!!」
とマイクを持ち、参加者に向けスピーチをしたあと、
最後に大きな声で
「ありがとう!ありがとう!!ありがとう!!!」

と、頭を下げながら、日本語で感謝の言葉を伝えてくださったフィジーの方。
その気持ちに、会場は自然と拍手で満たされました。



歓迎行事を終え、今日から寝食を共にする学生たちと共に、
拠点となる、国立山口徳地青少年自然の家へと出発しました。


お互いにとって、素敵な交流になるといいですね。

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube