1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 国際文化学部
  4. 文化創造学科
  5. 教員紹介

教員紹介

池田 史子 (いけだ ふみこ)


担当科目

日本語学概論、日本語表現学、日本語音声学、日本語語彙論、Regional Cultural Studies

研究テーマ

  • 日本語の方言アクセント
  • 山口の方言
  • 初年次教育の効果測定

メッセージ

 卒業演習では,現代日本語を研究対象とし,各自で調査テーマを設定し,実際に臨地調査をおこなって,生きたデータを収集し研究素材とするようにしています。集めた素材について分析や考察を行い,内的な規則を見つけ出したり,時代差・地域差を見つけ出したりするのはとても根気のいる作業です。そういう過程を通じて,現代日本語についての知識だけではなく,コミュニケーション力,問題発見・課題解決力,創造性を身につけることが期待されます。これまでのゼミ生が取り組んできた卒業演習テーマは次のとおりです。
 ・山口県長門域におけるザ行音・ダ行音・ラ行音の混同の実態
 ・英語母語話者における日本語長母音の知覚特徴
 ・奄美大島龍郷町の可能表現について
 ・金子みすゞ語彙の数量的研究
 ・京都市方言「ハル敬語」について
 ・国会会議録にみる「など」「とか」の表現について
 ・宮澤賢治作品におけるオノマトペ表現の研究
 ・「博多にわか」にみる言葉遊び
 ・料理絵本のオノマトペについて
 その他,専門科目の内容・授業デザイン・評価法については,下記の専門演習の選択について(PDFファイル)をご覧ください。

研究者データベース

専門演習の選択について専門演習の選択について (PDF:429KB)

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube