1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 国際文化学部

国際文化学科生、第11回北九州ハングル弁論大会で受賞

講座間交流部門で最優秀賞の「アリラン賞」を受賞しました

2012年11月29日

  • 日時 2012年11.月25(日) 13:30 ~ 16:30
  • 会場 北九州市八幡生涯学習センター

  弁論大会の様子→動画でもご覧いただけます(Youtubeへリンクしています)

 国際文化学部国際文化学科1年の上岡史依さん、末田将樹さんが、第11回北九州ハングル弁論大会で「アリラン賞」を受賞しました。 
 第一部はハングル弁論、第二部がハングルでの歌、踊り、朗読、寸劇などの自由な発表の部です。二人は第二部に出場し、ユニークな発表で見事最優秀賞を獲得しました。おめでとうございます。
 以下は、上岡さん、末田さんの報告です。  

 「ぃよっしゃあ!」こんなに手放しで素直に喜べることがあって良いのでしょうか。私たちは「第11回北九州ハングル弁論大会」に出場し、講座間交流部門で最優秀賞の「アリラン賞」をいただきました!!
 日本の昔話「浦島太郎」をコント仕立てに韓国語で演じてきました。発表を通して、舞台上から様々なコミュニケーションを感じました。 
 準備の段階では先生や先輩、韓国からの留学生などから多くのご指導、助言など、力強い応援をいただき、それに応えられるようしっかり演じきりました。また、聞いてくださった方の反応の良さに助けられ、のびのびと演じることが出来ました。 
 韓国語を学んで1年未満の、まだ韓国にも行ったことのない私たちですが、今後は最優秀賞をいただいたという自信と、副賞でゲットした韓国往復チケットを活かして「本物の韓国」に触れ、発表の場を広げていきたいと思います。本当にありがとうございました。

  • 発表前にリラックス!
  • 発表中
  • 発表後、金教授と

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube