1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 国際文化学部

異文化交流論公開授業:ミューラー博士による講義

「市民外交:あなたもグローバルリーダーになれる」を開催しました

2012年10月30日

  • 日時 平成24年10月29日(月)
  • 会場 新キャンパスF204教室

 在福岡アメリカ領事館、山口日米協会の後援をいただき、公開授業を開催しました。まず、広報担当領事兼福岡アメリカセンター館長のマイケル・チャドウィック氏による挨拶を受け、ミューラー博士(Dr Sherry Mueller. National Council for International Visitors名誉会長)の講義を受けました。逐次通訳は東京の米国大使館、広報文化交流部プログラム企画室通訳の森万純さん。
 今なぜ市民交流が必要なのか。市民による交流がなぜ市民外交になるのか、一人一人が役割を担って市民交流を広めていくための秘訣、プロジェクトを進めていくための個人の自己管理のコツ、そして、市民外交が描く未来と、自分の使命感や天職との関係などについて、わかりやすくお話していただきました。
 1時間の講義ののち、30分の質疑応答。学外から1つ、学生から12の質問を取り上げ、丁寧に回答していただきました。質問は、NPOを運営していくときの経済面の運営について、オーナーシップとリーダーシップの違い、仕事の優先順位のつけ方、コミュニケーションが苦手でもリーダーシップがとれるか、リスクをとらないことのリスクについて、自分を常にonにしておくコツ、市民外交を行うときに現れる国民性(行動パターン)についてなど。
 「シュートを打たなければ、ゴールに入る確率はゼロ」。失敗を恐れずにまずは挑戦してみること、そして、何よりも若いときに海外に出て新しい文化的体験をしてみること。自分の魂を揺さぶるようなメンターに出会うことをメッセージとしていただきました。

  • ミューラー博士の講義
  • 質疑応答の時間

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube