1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 国際文化学部
  4. 国際文化学科
  5. 授業の様子

フィールドワーク実践論

開講年次:2年前期
担当教員:岩野雅子、安渓遊地、安野早己、吉本秀子、進藤優子、西脇靖洋、田村瀬津子

授業概要

 フィールドワークとして、地域社会の現場に出て行き、現場の方とのコミュニケーションを通して地域の課題について考えます。異文化理解や課題解決につながる観察力や思考力をみがき、調査結果を明快に報告する術を身につけます。

授業レポート

 この授業では、地域の隠れた魅力や課題にスポットをあて、グループごとにテーマと訪問場所や施設を決めて現状を調査し、学生視点からの提案や改善案を考えていきます。
 実際に自分たちの足で出かけていくことによって、地域について詳しく知り、そこに関わる人々との接し方や心構えなどフィールドワークに必要な基礎知識と技術を身につけることができます。
 今回は、地域へフィールドワークに出かけた学生たちが、自分たちがどんなことを調べてきたのか、調べたことを今後どう生かしていきたいかについての発表を行います。



 担当教員から順番や所要時間などの説明を受け、各グループのプレゼンテーションが始まりました。

学生たちが発表するテーマは、
 ・山口のゆるきゃら「ちょるる」をもっと有名にするには
 ・山口市は外国人にとって住みやすい場所なのか
 ・神社ってどんなところ?(宮野地区の仁壁神社を訪ねて)
 ・山口市阿東地域の高齢者の交通事情
など、様々な視点で地域について考えていました。



 この授業では調査へ向かうだけでなく、自分たちが調べてきたことやそれを通じて学んだこと・感じたことを相手に分かりやすく伝える力が必要になります。
 何故このテーマを選んだのかという経緯や実際に見てきたことの報告はもちろん、地域とどんなつながりがあるのか、そこにどんな人たちが関わっているのかといった説明なども盛り込みながら発表を進めていきます。


 中山間地域に住む高齢者の実情をテーマにした学生たちは、電車を使って現地調査に向かったのですが、事前に電車やバスの運行状況を調べるとその数の少なさにとても驚いたと説明がありました。
 買い物ができる店が家から遠かったり、そこに行く交通手段がなかったり…その地域に住む人々から生の声を聞くことで、自分たちには身近で当たり前のように感じていたものも、場所や人、文化によって当たり前ではないことがあると改めて知ることができたそうです。


 他にも訪問先のパンフレットや資料などの実物を見せたり、音を使って表現してみたり、聞いている学生たちに簡単な質問を投げかけるなど…それぞれに趣向を凝らした発表が続きます。

 今まで見えなかったことに気づけたり、新たな知識を身につけることができたり、調査をとおして学生たちにもたくさんの発見があったようでした。


 グループの発表が終わると、質疑応答の時間が設けられました。


「訪問した地域の歴史について教えてもらえませんか?」
「その結果はどういう経緯でその数値になったんだと考えますか?」
といったプレゼンテーションの更に深い部分を追求するような鋭い質問や、

「パワーポイントの色を見やすい色に工夫すればもっと良かったなと思います」
のような提案など、たくさん上がっていきます。


 学生たちは自分たちが用意した資料をもとに、難しい質問にも一生懸命答えていました。



 地域への訪問と発表体験をとおして、自分たちの知らない地域の実情や人々に触れ、フィールドワークの魅力を感じることができた授業でした。

教員からのコメント

 授業では、6人の担当教員が執筆した『キャンパスを飛び出そう』という本をテキストとしています。標題どおり、学生が元気にキャンパスの外でフィールドワークを行い、無事に帰ってくるよう丁寧に指導しています。
 具体的には少人数のグループでフィールドワークを立案し、実施していきます。問いを立て、調査を行い、データをまとめていくと、これまで当たり前だと見過ごしていたことにも深い意味や新しい課題が見つかるでしょう。

学生の感想

「皆が楽しんで聞いてもらえるような発表を心掛けた」
「パワーポイントは4ページという指定があったけど、伝えたいことがたくさんあって選択するのに苦労した」
「今回訪れた場所にサークルメンバーや友人などを誘って、また行ってみたい」

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube