1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 社会福祉学部
  4. 学部の活動

ぶちぼらYP勇気の災害ボランティア活動

 7月28日(日)に山口市・萩市で記録的な豪雨による災害が発生しました。

 社会福祉学部の学生を中心とした災害支援ボランティアサークル「ぶちぼらYP勇気」のメンバーは、大学からのボランティア派遣を企画し、8月4日(日)に山口市阿東地区に事前調査へ向かいました。


 現地では、復旧に向けて懸命にボランティア活動が行われていますが、被害は甚大で、家屋の泥出し等多くのボランティアの協力が必要な現状を目の当たりにしました。
 作業内容は、いまのところ泥出しと家具の運搬が中心となっていますが、復旧が進み次第、拭き掃除等の作業も増えることが予想され、今後も多くの方の力を必要とする状況であることも確認できました。



 また、実際に現地で活動されているボランティアセンターの方から、今後の活動計画や活動時に必要な物などについて、指導やアドバイスを受けました。

 ぶちぼらYP勇気では、8日(木)から山口市と萩市で行う災害ボランティア活動に参加する学生たちへ、現地で見たことや、センターの方からいただいたアドバイスなどについて説明や報告を行いながら、今後の災害ボランティア活動へと繋げていきます。

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • 社会福祉学部卒業生専用
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube