1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 社会福祉学部
  4. 学部の活動

コミュニティソーシャルワーカー(CSW)を目指して

 社会福祉学部では、地域の福祉課題にチャレンジするコミュニティーソーシャルワーカー(CSW)養成を教育活動として行っています。
 学生による学生のための「ぷちボランティアセンター(通称ぷちボラ)」を組織し、社会福祉学部生が、地域の福祉施設等のボランティア活動にチャレンジできるような教育環境を整備しています。また、ぷちボラの企画・発信を通して、新たな活動も生まれてきました。
 東日本大震災の時に結成された<山口県立大学災害ボランティア実行委員会ぶちボラYP勇気(通称YP勇気)>もその一つです。
 このような福祉系ボランティアサークルは、学生の主体的な活動から生まれ、地域の福祉課題にチャレンジしています。活動を通して、机上では学ぶことのできない出会い、感動、共感をアクティブに積み重ねています。



 学生スタッフが運営するぷちボラ専用掲示板     福祉系ボランティアサークルの学内募金活動
~ボランティア情報を社会福祉学部生に発信~ ~熊本地震に想いを馳せて、今私達にできることを~

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • 社会福祉学部卒業生専用
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube