1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 社会福祉学部
  4. 学部の活動

社会福祉学部 いのちを守る防災と災害ボランティアフォーラム2013を開催しました

4月21日(日)、宮野地域交流センターにおいて、宮野地区社会福祉協議会と宮野地域づくり協議会との共催で、山口県立大学災害ボランティア実行委員会ぶちボラYP勇気がフォーラムを開催しました。
第一部では、東日本大震災以降、YP勇気のメンバーが行ってきた災害ボランティア活動を紹介しました。参加者からは、「実際に現地で活動してきているから迫力があり、とても勉強になった」とのお言葉をいただきました。
第二部では、「オリジナルの非常持ち出し袋をつくろう」と題したワークショップを行いました。
家族構成などによって、市販されている非常持ち出し袋では足りない物もあります。
自分・我が家に必要な持ち出し袋の中身はなんだろうか、と学生と住民の皆さんとで様々な意見が出され、中には、「非常時の貴重品は、通帳よりも小銭が大切よ」と学生が教えてもらう場面もあり、非常時への備えについて学生と住民が一緒に考える時間となりました。
参加者からは、「学生さんが、こんなに宮野地区のことを思い、災害時のことを考えてくれていると知って、とても嬉しく思いました。」などのお言葉をいただき、防災の啓発だけでなく、学生にとっても収穫の多いフォーラムとなりました。

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • 社会福祉学部卒業生専用
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube