1. HOME
  2. 世界とつながる大学
  3. 学術・教員交流

中国 曲阜師範大学

中国・曲阜師範大学との学術交流の歩み

 1992年(平成4年)に学術交流協定を締結しました。1995年(平成7年)から語学研修を開始し、本学から中国語・中国文化研修に参加した学生はのべ160名にのぼっています。曲阜師範大学からも本学で開催される日本語・日本文化研修にほぼ同数の学生が来日しています。この研修は日中韓の「トライアングル学生交流」に発展し、その後は「グローバル学生交流」事業として展開されています。 
  また1996年(平成8年)からは毎年1~2名ずつの交換留学を始め、3カ月~1年にわたる教員派遣では、過去において本学から9名の教員が派遣され、6名の教員を受け入れています。学術訪問団も隔年で相互派遣を行い、交流を深めてきました。 
  学術交流15年の節目を迎えた2007年(平成19年)には、両大学の新しい交流のあり方について協議をするため、学長同士の相互訪問がなされました。

2007年11月 江里学長が曲阜師範大学を訪問

  孔子の故郷、曲阜市にあるメインキャンパスと、海辺の街に新しくできた日照キャンパスを訪問し、学長懇談会が開催されました。正門には歓迎の大看板が設置され、大きな中国を印象づけられる出迎えもありました。世界文化遺産を有するゆったりとした古い街並みのなかで、キャンパス周辺は若者の活気に溢れており、早朝から夕刻まで勉強に向かう学生たちが行き来する風景に、発展を遂げている国の熱気が感じられました。
   7月に本学で開催されたグローバル学生交流に参加した学生たちと再会し、次は本学への交換留学や大学院進学を目指したいという希望や夢に耳を傾けました。

写真左上:学長訪問団を歓迎する大看板         写真右上:学長懇談会を終えて
写真左下:グローバル学生交流参加者との再会   写真右下:次は交換留学や大学院進学が希望

2007年7月 任学長が本学を訪問

  曲阜師範大学の任学長一行が本学を訪問されました。二大学間の懇談会においては、これまでの15年間の交流実績の上に、さらに新しい展開への道を拓いて行くことの重要性が確認されました。学生数2万5千人、通信教育も含めると4万人を超える学生を有する曲阜師範大学は、28の学部、6専攻の博士課程、77専攻の修士課程、28の大学附属研究所を有しています。名誉学長は、ノーベル物理学賞受賞者の丁肇中教授です。
   任学長の専門は物理学ですが、講演会では「孔子の知恵の光を浴びて」と題して、孔子の里・曲阜にある大学らしい講話をされました。 
   任学長の来学は、ちょうど「グローバル学生交流」の期間中にもあたり、曲阜師範大学からの参加学生10名は、普段、中国の大学では会うことのできない学長と言葉を交わして大感激した様子をみせていました。授業参観もあり、同時に緊張した表情も見せていました。

写真左:懇談会の様子
写真右:来日した任学長一行とグローバル学生交流 参加学生(曲阜師範大学生)

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube