1. HOME
  2. 世界とつながる大学
  3. 地域の国際化への貢献

2015年度地域交流

富海小学校・中学校地域交流イベント

日程: 12月18日(金)
場所: 防府市立富海小学校(防府市富海1248)、
     防府市立富海中学校(防府市富海1246)

 この日は、富海小学校と富海中学校の交流イベントに参加しました。
 小学校では、じゃんけんゲームや留学生へのインタビューなどを行い、給食を教室で一緒に食べました。
 中学校では、中学生たちが事前に用意していた質問を留学生に聞いてみたり、学生や留学生が「今がんばること」や「自分の国について」外国語・日本語を交えたプレゼンを行ったりしました。
 その後、地域の方々から、日本の伝統文化「しめ縄」を教わりました。難しい作業に苦戦していましたが、地域の方や中学生たちと協力して、完成させた時の喜びはひとしおだったようです。
 しめ縄作りの後には「お雑煮」を食べ、日本の季節についても学びを深めました。


アンケート結果

下松ボーイスカウト第5団・餅つき大会、募金活動

日程: 12月13日(日)
場所: 都町会館(下松市西豊井都町)

 下松ボーイスカウト第5団の小中学生と一緒に、杵・うす・足踏みの道具を使った餅つきを体験しました。留学生たちは初めての体験に少し戸惑っていた様子でしたが、みんなで協力しながらお餅をつくことができました。できあがったお餅は、雑煮にして全員で食べました。
 その後、ボーイスカウトの子どもたちと一緒に、下松市内でユニセフ募金活動を行いました(募金総額:89,066円)


アンケート結果

高森みどり中学校英語セミナー

日程: 11月27日(金)
場所: 高森みどり中学校(岩国市玖珂町1253)

 はじめに「王様ゲーム」などでアイスブレイクを行い、参加者の緊張をほぐしました。
 次に、中学生がグループに分かれて留学生の名前、趣味、血液型、年齢などを英語でインタビューし、まとめた内容を、写真やイラストなどを使って発表しました。給食時間は各グループで輪になり、にぎやかに食べました。留学生にとって教室で食べる学校給食はとても新鮮だった様子でした。
 その後、各国の文化について5分間スピーチを行いました。


アンケート結果

岩国ユネスコ協会・高校生との異文化交流会

日程: 11月23日(祝)
場所: 岩国市役所多目的ホール(岩国市今津町 1丁目14-51)

 交流会では、留学生が自分の国の文化や生活を、留学経験のある学生が、きっかけや体験談などを発表しました。
 その後、地元の職人による岩国寿司づくり実演や兜づくり体験など、地域や日本の伝統文化に触れました。ものづくりという共同作業を通して、お互いコミュニケーションが取れたことで、最後に行ったアメリカの定番ゲーム「Pin the tail on the donkey」では、会場に笑顔があふれていました。


アンケート結果

曽根公民館ふれあい祭り

日程: 10月25日(日)
場所: 曽根公民館(熊毛郡平生町大字曽根向井原1869-1)

 初参加となる「曽根公民館ふれあい祭り」では、アメリカ、カナダ、韓国、中国出身の留学生がパネルコーナーやステージでの出し物で、自国の文化や暮らしを紹介しました。
 パネルコーナーでは、足を運んでくださった地域の方と、積極的に交流を行っていました。
 留学生は、地域の方が準備してくださったうどんを食べたり、曽根地区の神楽や銭太鼓などの伝統芸能に触れたり、とても有意義な時間を過ごしていました。


アンケート結果

長門・わくわく土曜塾、そば打ち体験

日程: 7月25日(土)
場所: 長門市中央公民館(長門市東深川1326番地6)、
     ゆうゆうグリーン俵山(長門市俵山4497番地)

 小学生を対象としたわくわく土曜塾では、カナダ出身の留学生による英語でのプレゼンやカナダを代表する動物「ビーバー」の工作を行いました。
 その後、地域の方が準備してくださった食材を具に、おにぎりづくりを体験しました。参加者それぞれが考えた独創的なおにぎりがテーブルに並び、会場には笑顔がこぼれていました。
 そば打ち体験では、そばを延ばしたり、そば包丁で均一に切りそろえたりと難しいことが多かったようですが、自分の手で作ったざるそばの味は格別の様子でした。

防府ユネスコサマーチャレンジスクール

日程: 7月24日(金)
場所: 国立山口徳地青少年自然の家(山口市徳地船路668)

 「ユネスコサマーチャレンジスクール(主催:防府ユネスコ協会)」で行われたプログラム「色々な国の人との交流」に、本学の留学生が参加しました。
 英語での自己紹介をしたり、じゃんけんやあやとりなどの遊びを多言語で行ったりしながら、地域の小学生や高校生と交流を深めていきました。
 プログラムに参加したアメリカモンローの高校生が話す英語をはじめ、スペイン語・フランス語・中国語・広東語などたくさんの言葉を使った国際交流は、参加者にとって貴重な体験となったのではないでしょうか。

高校生語学ボランティア事前研修会

日程: 6月14日(日)
場所: 山口県教育会館(山口市大手町2-18)

 7月開催の「第23回世界スカウトジャンボリー」の語学ボランティアに登録している中学・高校生の英語スキルアップを目的に研修会を開催しました。
 本学の学生・留学生とマンツーマンで英会話をする「英会話チャレンジブース」や、英語での自己紹介や多文化交流ゲームなど4つの講座で構成した「ワークショップ」などを行いました。
 講座終了後には、参加者に語学ボランティア委託状を授与しました。

ホタルの夕べ in 徳地・串分館

日程: 6月13日(土)
場所: 山口市徳地地域交流センター串分館(山口市徳地鯖河内1629-1)

 徳地串地域の方と、屋外でホタルの籠作りを体験しました。留学生にとっては、日本の伝統文化に触れる貴重な体験になりましたが、とても難しいものだったようです。
 夕食には地域の方と作った豚汁やかしわ餅を食べ、その後、串川に移動して蛍鑑賞を行いました。とても幻想的で素敵な時間を共有できた交流会となりました。

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube