1. HOME
  2. 大学案内
  3. 大学行事
  4. 新入生歓迎オリエンテーション

新入生宿泊オリエンテーション

2015年度のプログラム

国際文化学科

日 程:4月7日(火)、8日(水)
場 所:秋吉台国際芸術村

 1日目は、教員による研究紹介にあわせて特別講師による特別講義を行いました。お菓子作り・販売をしながら、無農薬農業を実践されている大下充億(おおしたあつお)氏を迎え、これまで取組まれてきた体に優しい洋菓子作りのお話やアフリカ滞在中の体験談などを聞きました。


 その後の交流会では、学生生活、授業や留学についての疑問に上級生が丁寧に答えていました。


 2日目に行った活動報告会では、上級生たちが英語・中国語・韓国語圏への留学や地域実習での体験談、世界で学んだことについて熱く語ってくれました。


 午後からは、秋芳洞・秋吉台の散策に出かけました。広大な自然の中を仲間たちと歩くことで、一気にお互いの距離が縮まった様子でした。


文化創造学科


日 程:4月7日(火)、8日(水)
場 所:萩市内

 1日目の宿泊オリエンテーションは、山口県萩市の歴史的・文化的な建物である松陰神社や松下村塾の見学から始まりました。

 その後、宿泊施設で行った全体会では、上級生による大学生活プレゼンテーションや履修登録のアドバイスなど自分たちの経験を踏まえながら、新入生に分かりやすく教えていました。


 2日目は萩博物館見学や萩の町並み散策など、山口県の歴史や文化を感じることができるプログラムを行いました。


 町並み散策では、上級生から様々な歴史スポットについての説明もあり、時間いっぱいに萩の町を満喫していました。


社会福祉学科


日 程:4月6日(月)~8日(水)
場 所:学内(D14教室他)

 1日目は、大学・学部での学びについて、知識を深めました。
 新入生たちは、真剣な表情でプログラムに参加していました。


 2日目は、「社会福祉士」「精神保健福祉士」「高等学校教諭一種免許状(福祉)」「特別支援学校教諭一種免許状(知的障害、肢体不自由者、病弱者)」といった、学部で取得できる免許資格と、仕事の様子を教員の体験談を交えて学びました。


 昼食会では、修業サポートを行うチューター教員との話に花が咲き、新入生たちの表情もほころんでいました。


 午後からは、これから履修していく科目や単位について、グループ学習を行いました。
 新入生は、履修に関する疑問や不安などを教員に相談しながら、将来に向けたビジョンを少しずつ固めていきました。


 3日目は、2日間の学びを通して感じた疑問が解消できるよう、相談コーナーを設けました。授業や学生生活などテーマに分けたコーナーに新入生が赴き、教員から様々なアドバイスをもらっていました。

看護学科


日 程:4月7日(火)、8日(水)
場 所:学内(講堂他)、船方農場(山口市阿東)

 1日目は、学部長・学科長の講話から、看護学科での学びについての知識を深めました。
 その後行われた交流会では、チューター教員や先輩から、授業、看護実習に関する多くのアドバイスを貰っていました。

 2日目は、船方農場でバーベキューを行いました。


 バーベキューで食べたソーセージは、具をまぜたり、腸詰めしたり、各グループが協力しながら作りました。


 ほかにも、グループで力を合わせて長縄跳びなどのゲームに挑戦しました。
  みんなで1つの目標に向かっていくことで、一気にお互いの距離が縮まり、団結力が生まれていました。


栄養学科


日 程:4月7日(火)、8日(水)
場 所:周防大島町、柳井市内

 1日目は、学部長の講話から大学での学びについて知識を深めました。
 その後、周防大島へ向かい、砂浜で地引網体験をしました。新入生と先輩が互いに声をかけ合い、力を合わせて魚を引き上げました。


 宿泊したホテルでは、料理長のサポートを受けながら、鯛の下処理にも挑戦しました。


 夕食は、自分たちで獲った魚の煮つけや揚げものを囲んで、交流をしました。


 2日目は、周防大島町や柳井市にある施設・工場などを見学しました。
 大学ではなかなか学ぶことができない、食品業界について知る機会となり、新入生たちにとって貴重な経験となったようです。

別科助産専攻


日 程:4月6日(月)、7日(火)
場 所:山口紅花舎(山口市宮野)

 別科助産専攻では、別科生がこれから1年間という限られた時間の中で、共に学び過ごしていくことになります。
 その初めての共同作業として、1日目には石釜でのピザづくりを体験しました。


 新入生からは、
「ピザ窯を使ったピザ作りの体験ができて楽しかった」
「周囲の自然豊かで、懐かしい雰囲気が良かった」
といった感想もあり、プログラムを楽しんでいる様子でした。

 夕食後には、仕事を終えた修了生たちが駆けつけてくれるなど、在学生・修了生の垣根を越えた交流もありました。

 2日目は、生命倫理に関するビデオ鑑賞後、ディスカッションを行い、助産師を目指すうえでの心構えを学びました。研修ゲーム(Team STEPPS)では、 グループメンバーともすっかり打ち解け、互いに協力することの大切さを感じたようです。


 午後から実施したアロマセラピー演習では、リラックス効果を実際に体感しました。「心も体もリフレッシュすることができるのでいろんな人にしてあげたい」と、学生にも好評でした。



 新入生たちにとって、同じ夢に向かう仲間と一緒に、初めの一歩を踏みだした貴重な体験となりました。

▲ページトップへ

  • 教育情報の公表
  • 研究者データベース
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube